NEW
野村直之「AIなんか怖くない!」

真のDX推進を実現する正しいAI導入のコツ…人間は人間にしかできない仕事をして利益を最大化

文=野村直之/AI開発・研究者、メタデータ株式会社社長、東京大学大学院医学系研究科研究員
【この記事のキーワード】

, ,

真のDX推進を実現する正しいAI導入のコツ…人間は人間にしかできない仕事をして利益を最大化の画像1
「Getty Images」より

 前回記事『“過渡期のAI”導入がDXを遅らせる!』を読まれた方は、「え? AIがDXの邪魔をするって?」とびっくりされたかもしれません。

 理屈は簡単です。画像や音声などのアナログデータ、特に手書き、印字を問わず、紙文書、FAXに書かれた文字を読み取るようなAI(人工知能)を新規開発してしまうと、投資回収のため、しばらくその業務フローを維持・継続しなければなりません。そうなると、そもそも手書き、FAX、紙全般をなくして、最初からデジタルで正確で迅速な新業務フローに革新する本格DX(デジタルトランスフォーメーション)の早期導入を阻んでしまうわけです。

 ハンコを押した印影の認識精度向上にお金を使うのと、ネット上で複製不可能な認証、完璧な証拠保全を実現するためにブロックチェーンを導入し、それを完璧にしつつ、超高速の企業間契約を実現するのにお金を使うのと、どちらが良いでしょうか? 前者を選べば、判子廃止の絶好のチャンスを逃し、フルデジタルの本格DXによる劇的な生産性向上が遠のき、国際競争力が失われかねない。だから、アナログ情報をテキストデータや数値に変換するタイプのAIを、“過渡期のAI”と呼びました。

 ハンコ押しロボットは、フルデジタル化の邪魔をする象徴として、わかりやすい存在でした。これについてのIT Media Newsの記事の結語はこうでした。「ハンコ文化から抜け出せない企業は、長期的にはペーパーレス化を視野に入れつつ、実現までの“中継ぎ”としてこのサービスを利用するのがよさそうだ」

 しかし、コロナ禍が上記の“中継ぎ”や“ゆっくりシナリオ”を蹴散らしました。中継ぎと本番で2度おいしいと期待したIT企業は、Web会議やオンライン・ワークスペースで時空の壁を取り払おうとするSlackなどの本格DX支援企業を前に、行き場、ビジョンを見失っているようにもみえます。本連載拙著を読んで(笑)、ビジョンを再構築し、メタデータ社の人工知能API群を組み込むなどして(笑)、正しいDX、正しいAI活用に邁進していただければ、と思います。

真にDXを推進する正しいAIを導入のコツは?

「では、画像に写っているものの名前を当てたり、話し声をテキストに書き起こすような認識系AIは、みんな“中継ぎ”で無駄な投資になるの?」といえば、まったくそんなことはありません。1つの大きなコツを書くと、

【従来人間にはできなかったことをAIを使ってやりましょう!】

となります。

 たとえば、都市の地下に埋められたガス管や水道管の【中】に入って自走し、内壁を安全に照らしてひび割れやサビがないかを超高速で画像診断する認識系のAI搭載ロボットです。物理的、生理的に人間には不可能な仕事(やったら死んじゃいます!)。

 物理的に不可能ではなくとも、経済的にまったく割に合わない仕事もたくさんあります。さきほどと似たインフラ系の事例では、地上数十メートルの高さで、かなり大きな間隔で鉄塔が並んでいる高圧線の状態を外観検査する仕事など、もし人間が間近で完全に目視するとなると危険さを差し引いても非効率で、大きな人件費がかかることでしょう。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合