NEW

『仰天ニュース』謝罪、制作会社は過去に『ほこ×たて』等にも関与…やらせ繰り返される構図

協力=水島宏明/上智大学文学部新聞学科教授<テレビ報道論>
【この記事のキーワード】, ,
『仰天ニュース』謝罪、制作会社は過去に『ほこ×たて』等にも関与…やらせ繰り返される構図の画像1
日本テレビタワー(「Wikipedia」より)

 日本テレビ系番組『ザ!世界仰天ニュース』が裏づけを欠いた医療情報を放送し、日本皮膚科学会から抗議を受けて謝罪する事態になった。

『仰天ニュース』は毎週火曜夜9時から放送されているバラエティー番組だ。MCは中居正広と笑福亭鶴瓶が務め、2001年から放送されている番組だ。バラエティー番組でありながら「ニュース」という名前がついていることからもわかるように、実話がベースになっている。つまり世界各地で起きるにわかに信じられないような「実話」を、実際の映像や当事者の証言、再現ドラマなどで映像化し、地球上で起きているさまざまな問題について注意を喚起していく番組だ。このため、バラエティー番組とはいえ、「実話」や「正確な情報」としての裏づけがあることが前提になっている。

 9月7日の放送で、肌荒れを克服した女性の体験談を放送した。その際にステロイド薬をいっさい使わない「脱ステロイド治療」という治療法をとったことで結果的に肌荒れが治ったと放送した。これに対して日本皮膚科学会、日本アレルギー学会、日本臨床皮膚科医会、日本皮膚免疫アレルギー学会、日本小児アレルギー学会、日本小児皮膚科学会、日本アレルギー友の会(患者会)が、「科学的に明らかに根拠のない内容もあり」「多くの健康被害をもたらす可能性がある」などとして連名で抗議した。これを受けて、日テレは番組ホームページで9月14日に謝罪文を掲載した。

 今回の『仰天ニュース』の放送内容は何が問題だったのか。元日本テレビ『NNNドキュメント』ディレクターで現在は上智大学でテレビ・ジャーナリズムについて教鞭をとる水島宏明氏に話を聞いた。

問題点は?

――問題点は何だったのでしょうか?

水島氏 健康に関する情報は、視聴者の関心も高く、なかには切実な関心をもって見ている人も多いため、放送では裏付けをきちんと取った根拠がある情報を伝えないと大きな問題に発展してしまいます。テレビで伝えたやり方を鵜呑みにして真似をする視聴者がいることを考えなければいけないため、慎重に二重三重の医学的な監修を経て放送するのが大前提になっています。たとえばNHKの『ためしてガッテン』などのチェック体制を聞いたことがありますが、それはもう厳重なものです。

――以前も似たような不祥事は?

水島氏 2007年に関西テレビが制作してフジテレビ系で全国放送されていた『発掘!あるある大辞典II』という番組が「納豆ダイエット」を紹介して、その際に専門家のインタビューやデータなどを番組で「捏造」していたことが発覚。他にも数多くの捏造が見つかってスポンサーが降板。番組も打ち切りになり、経営トップも辞任に追い込まれたことがあります。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合