NEW

高級フレンチ「ひらまつ」、なぜパチンコ大手マルハンへの身売りに至ったのか

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
高級フレンチ「ひらまつ」、なぜパチンコ大手マルハンへの身売りに至ったのかの画像1
マルハンのロゴ

 高級フレンチレストランとして知られる「ひらまつ」(東証1部上場)の新しいスポンサーに、パチンコホール大手のマルハン(非上場)が登場した。ひらまつはマルハングループのファンド、マルハン太平洋クラブインベストメント(MTI、千代田区)と、ゴルフ場運営の太平洋クラブ(千代田区)から第三者割当増資と新株予約権の発行で最大74億円を調達する。

 この結果、MTIはひらまつの株式46.86%を保有する筆頭株主となり、太平洋クラブが0.61%を保有する。MTIはマルハンの創業家の韓裕氏と韓俊氏が共同出資して2021年6月に設立されたファンド。太平洋クラブは旧平和相互銀行系の名門ゴルフ場チェーン。バブル崩壊後、経営が悪化し会社更生法を申請。13年、マルハンがスポンサーを引き受け、100%子会社にした。

 ひらまつの大株主名簿(21年3月期末)は、筆頭株主がひらまつ(自社、自己株式)で9.61%、2位が創業者の平松博利氏の4.49%。マルハングループが合計で47.47%を保有し、大株主となった。

 ひらまつは経営コンサルティングのアドバンテッジアドバイザーズ(港区)との提携を解消。アドバンテッジアドバイザーズを通してファンドが保有していた23億円分の転換社債や新株予約権の償却・繰り上げ償還を行った。

 ひらまつは高級レストランや婚礼事業を展開。ホテル部門を強化中だった。ところがコロナ禍で全事業に逆風が吹きつけた。21年3月期の売上高は62億円(前期比36.6%減)、最終赤字は41億円(前期は20億円の赤字)に拡大。その結果、期末時点で自己資本比率は16.0%まで低下し、現預金はわずか6億円と底をつきかけていた。

 マルハンは会長の韓昌祐(ハン・チャンウ)氏が一代で築いたパチンコチェーン。営業自粛で21年3月期の連結決算は売上高が前期比27%減の1兆1055億円、最終利益は56%減の60億円と大幅な減収・減益に見舞われたが、パチンコチェーンの王者であることに変わりはない。

 高級感を売り物とするひらまつと、大衆娯楽であるパチンコのマルハン。異色の組み合わせだが、ここに至るまでには、ひらまつの創業者と経営陣の確執があった。

ひらまつはパリに出店

 ひらまつの創業者の平松博利氏はレストラン業界で有名なオーナーシェフだ。1952年6月、横浜市生まれの69歳。70年、高校卒業後、ホテルオークラのフレンチレストランで働き、78年、渡仏。ナントやパリのレストランでフランス料理の修業を積んだ。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合