NEW

仕事のスピードが倍増!? 「脳の事前インプット法」がすごい

新刊JP
【この記事のキーワード】, ,
仕事のスピードが倍増!? 「脳の事前インプット法」がすごいの画像1
※画像はイメージ(新刊JPより)。

 組織で重宝され、求められるにはどんな能力が必要なのか。人をまとめるのが得意な人。適切なアドバイスができる人。汚れ仕事をいとわない人。答えは一つではないし、会社によって違う。ただ、どんな会社でも「限られた時間で質の高い仕事をする人」は求められる。


■質の高い仕事を短時間でできる人は何が違うのか


 質の高い仕事をすることだけでもすごいのだが。「限られた時間の中で」がポイントだ。質をキープしつつスピードを速めるというのは、仕事の本質を追求することである。


 仕事のスピードを速めるには、脳の使い方を意識すること。そう述べるのは、元「楽天市場」MVPプロデューサーの大原昌人氏だ。


 『すべての仕事を2分の1の時間で終わらせる ガチ速仕事術』(大原昌人著、ぱる出版刊)では、「脳の無意識」に焦点を当てることで、一気に仕事のスピードを高め、発想やアイディアのクオリティを上げる「脳科学に基づいた時短テク」仕事術を紹介する。


 先述のスピードについてだが、人の倍のスピードで仕事をする秘訣は、必要な情報を脳に「事前インプット」しておくことなのだそう。本書ではこれを「脳の事前インプット法」と呼んでいる。


 受験勉強を例に出すなら、先に難しい問題を読んで、その情報を脳にインプットしてから、他の問題に取り掛かるということ。すると、脳の無意識が勝手に難問の解き方を考えておいてくれるので、その難問に取り掛かると解けやすいという。このように、事前に情報を入れて無意識の力を借りるなど、脳の意識と無意識を使い分けるようになると、作業量は倍増する。


 では、この「脳の事前インプット法」をビジネスシーンで応用する際はどのように実践すればいいのか。たとえば、「納期は1カ月後だが、作業としては1週間ほどで終わる案件」があった場合、脳科学的にはどう仕事を進めるのがベストなのか。


 この場合は、打ち合わせをした直後のホットなタイミングで「大まかな方向性」だけ決めておく。あとは脳の無意識にまかせて放置しておく。この間に脳の無意識が勝手に考えてくれるので、締め切り直前に本腰を入れたとき、すぐにクオリティの高い仕事ができる。


 正攻法で、受注してすぐに取り掛かり1週間かかる仕事も、「脳の事前インプット法」なら実質2~3日で終わる。しばらく脳内で寝かせておいた方が、時短になるだけでなく、最終的なクオリティも高まるのだ。


 今までよりも2倍の速さで仕事をすることで、利益を上げることはもちろん、プライベートの時間も増え、より人生を豊かなものにしてくれるのが「脳の事前インプット法」だ。


 仕事量が多くて忙しい日々を送っている。もっと仕事のスピードを速めたい。そんな人は時短仕事術のノウハウを実践してみてはどうだろう。(T・N/新刊JP編集部)


※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

情報提供はこちら
RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合