NEW
「相馬勝の国際情勢インテリジェンス」

「米国は悪臭、韓国はバカ」北朝鮮・金与正の暴言が止まらず…金正恩の後継者か

取材・文=相馬勝/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
「米国は悪臭、韓国はバカ」北朝鮮・金与正の暴言が止まらず…金正恩の後継者かの画像1
「Getty Images」より

 北朝鮮では昨年来、最高指導者の金正恩朝鮮労働党総書記の妹、金与正氏が米国や韓国などを激しく罵倒する発言が目立っている。とはいえ、彼女が本当に権力を握っているのか、どのような責務を担っているのか、あるいは彼女は国民からどう思われているのか、あるいは一部で伝えられるように金総書記の後継者たり得るのかなど、わからない点が多い。

 最近、北朝鮮国内に多くのニュースソースを持つ米政府系報道機関「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」は「与正氏は国民から『傲慢で、未熟、切れやすい女性』と思われている」と伝え、中国の歴史上の女帝であり、権力を駆使して政敵を倒した「西太后」や「則天武后」とも比較されているという新たな人間像を提示している。

脱北者を「雑種の犬」「人間のクズ」と呼ぶ

 与正氏は1988年9月26日生まれの33歳と推定されている。37歳の金正恩氏(84年1月8日生まれとされる)とは4歳違いだ。

 与正氏がときに注目されるのが、北朝鮮の国営メディアを通しての米韓や脱北者らへの粗野なコメントだ。脱北者については「雑種の犬」「人間のクズ」と呼び、米国のバイデン政権に対しては「最初の一歩で悪臭を放つな」と警告し、韓国の文在寅大統領を「アメリカに育てられたオウム」と呼ぶなど、彼女の発言は多岐にわたっている。

 最近の発言では、9月の国連総会で文大統領が北朝鮮、米国、中国に朝鮮戦争の正式な終結を求める演説を行ったことについて、与正氏は「称賛に値する」としながらも、その条件について次のように述べている。

「捨てなければならないのは、私たち(北朝鮮)の正当な自衛権の行使を非難しながら、自分たちの行為を正当化するという、二枚舌的な態度、非論理的な偏見、悪い習慣、敵対的な立場です。このような前提条件が満たされて初めて、対面して重要な終戦宣言を行うことができるのです」

 また、昨年6月、北朝鮮が自国内の南北共同連絡事務所を爆破した翌日、与正氏はその2日前に行われた韓国の文大統領の演説について、「恥知らずで不謹慎な詭弁」だと前置きして、次のように論評している。

「肩書は『大統領』の演説だが、民族の前で保つ責務と意志、現在の事態収拾の方向と対策は見つけようとしても見つからず、自分の言い訳と責任回避、根強い事大主義で綴られた南朝鮮当局者の話を聞くに、私も思わず胃の中がムカムカしていくことを感じた」

 また、今年1月には北朝鮮が朝鮮労働党第8回大会の開会式で深夜の軍事パレードを行ったことをソウルの統合参謀本部が明らかにしたことを受けて、与正氏は韓国政府を「理解しがたい本当に奇妙な集団」と称したのに加えて、「世界の笑いを誘うことだけに熱心な彼らはバカであり、不作法さでは世界一だ」と侮辱しているのだ。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合