NEW
木村誠「20年代、大学新時代」

失われたキャンパスライフ…コロナ禍が直撃した「大学2年生」の切実な不安

文=木村誠/教育ジャーナリスト
【この記事のキーワード】,
オンライン授業を受ける大学生(「gettyimages」より)
「gettyimages」より

 新型コロナによる学生への影響として、バイト収入や仕送り額が減ったことなどによる暮らしのダメージ、対面授業が減りオンライン授業にシフトしたことなどによる学びの物足りなさ、そして友人関係やクラブ・サークルにおけるコミュケーション断絶の精神的危機などが指摘されている。

 暮らしのダメージについては、住民税非課税世帯などの授業料を減免し返済不要の給付型奨学金を支給する、文部科学省の修学支援新制度の利用(約27万2000人)に加え、給付金が困窮学生にも支給される見通しだ。コロナ禍で世帯収入が大幅に減ったり、バイトで学費を支払っている学生など、大学などが推薦する人も加わるので、対象は今より広がりそうだ。

 学びの物足りなさについては、対面授業の増加やZOOM活用による少数の双方向授業などの活用で、むしろ多様な学びの機会の展開が期待できるとの声もある。ただ、大学生協連調査には「今までの授業(私の場合1年生の時のもの)を、単位は関係なくもう一度対面で受けられるようにしてほしい。それ以外にも今までの時間に追いつくようなサービスや対策をしてほしい」という切実な意見も寄せられている。

 より深刻な問題は、精神的危機である。実に7~8割の学生が、多かれ少なかれ、人とのつながりが薄くなったことへの不安があるという。

 それらの大学生の実態にアプローチした調査に、文部科学省高等教育局の「新型コロナウイルス感染症の影響による学生等の学生生活に関する調査(2021年3月5日~27日、有効回答者:1744名)」と、全国大学生活協同組合連合会の「届けよう!コロナ禍の大学生活アンケート(2021年7月5日~19日、有効回答者:7832名)」がある。

 文科省の調査は、学生への支援策の検討に役立てる政策意図があり、大学生協連調査の目的は「コロナ禍での大学生の現状やがんばり」を社会や大学へ知らせることである。

 さらに、10月31日に開催された「全国大学生サミット」(全国大学生協連主催、文科省・日本学生支援機構ら後援)は、ZOOMによる大学生のパネラーの意見・感想等の発信や大学の現場で学生の支援をしている専門家の発表があり、生の声のやり取りの中から大学生活の実状が浮かび上がってきた。

失われた大学生活――大学2年生の実感

 下表は、全国大学生活協同組合連合会が実施したアンケートの集計結果である。

全国大学生活協同組合連合会が実施したアンケートの集計結果

 大学生協の藤本昌氏(全国大学保健管理協会ヘルシーキャンパス運営委員)は、この調査結果や全国大学生サミットでの学生の発言、大学の心理カウンセラーによるコメントなども踏まえて、次のように指摘する。

「最も着目しているのは、コロナ禍を想定せずに入学してきている現2年生のメンタルヘルスだ。全国大学生協連の調査は、『不安に思っていること』で、現2年生の無気力、落ち込み、孤独感などが他学年より大きい、と分析している。特に、コロナ禍で受験期を過ごした現1年生との違いは看過できない。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合