NEW
たかぎこういち「“イケてる大先輩”が一刀両断」

ガーナ移民の子からヴィトン革命児へ…ヴァージル・アブロー、ファッション界の破壊

文=たかぎこういち/タカギ&アソシエイツ代表、東京モード学園講師
ヴァージル・アブローのInstagram
ヴァージル・アブローのInstagramより

 本連載の9月掲載記事『ナイキ・ダンク「The 50」“見事な販売手法”を分析…アパレル販売の新常識&生き残り策』でご紹介したデザイナーのヴァージル・アブロー氏が11月28日、心臓血管肉腫による2年間の闘病生活の末に急逝した。享年41であった。

 ヴァージル氏は2019年9月に体調がすぐれずにオフホワイトのコレクション発表時に欠席したことはあったが、その際は多忙のため医師から休養が必要と指摘されたと発表。闘病生活中であることは公表していなかった。

 彼は、デザイナーとして自身が創業したラグジュアリー・ストリートブランド「オフホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」と世界最大メゾンのひとつルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のメンズ・アーティスティック・デザイナーも務めていた。親日家でもあり、学生時代に感銘を受けた現代美術家の村上隆との交流を通じて、DJ活動やアーティスト活動も高い評価を得ていた。今シーズンもルイ・ヴィトンと古い友人であるニゴ(NIGO)とのコラボも大きな話題になった。

 そのファッション界のトップオブトップの急逝に業界中から深い悲しみと死を惜しむ声が上がっている。今回は緊急寄稿として、天才ヴァージル・アブローの短すぎる41年間の多大なる影響と足跡を再検証してみたい。

1.革新を生み続けた21世紀が生んだ天才的デザイナーの軌跡

ガーナ移民の子からヴィトン革命児へ…ヴァージル・アブロー、ファッション界の破壊の画像1
『アパレルは死んだのか』(たかぎこういち/総合法令出版)

 彼の人格を語るエピソードに、LVMHグループが世界の新人デザイナーの登竜門として開設した「LVMHプライズ」選考時の逸話がある。LVMHプライズは優勝賞金が30,000ユーロ(約3,800万円)と飛び抜けて高額な上、優勝者はLVMHグループのエキスパートから1年間のメンターサービスを通して、ファッションビジネスのノウハウを習得できる。2018年にはアジア出身者として初めて日本人デザイナー、井野将之氏(DOUBLET)がウィナーとなったのも大きな話題となった。この最終選考には毎年7、8人が残りウィナーと特別賞が授与される。審査委員となったヴァージル氏は、受賞できなかった最終ファイナリスト全員に「僕自身も挑戦したが受賞できなかったんだ」と慰めと励ましの言葉を語りかけている。ヴァージル氏の人となりが充分に理解できる。

 1980年、ガーナからの移民のお針子の母とペンキ工場の責任者の父のもと、米国イリノイ州で生まれる。10代で音楽を通して芸術的感性を表現し始め、DJとしての地位を確立。ウィスコンシン大学マディソン校で土木工学の学位を取得後、イリノイ工科大学で建築学修士号を取得。洋服も建築も、背景を踏まえてデザインする点では同じと発言している。大学時代に知り合ったラッパーのカニエ・ウェストと共に、2006年フェンディでインターンとしての経験を持つ。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合