NEW
江川紹子の「事件ウオッチ」第193回

【伊藤詩織さんネット中傷訴訟】江川紹子が考える“賠償金額の低さ”と“単純RTの意味”

文=江川紹子/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
【伊藤詩織さんネット中傷訴訟】江川紹子が考える“賠償金額の低さ”と“単純RTの意味”の画像1
2021年11月30日に東京地裁にてくだされた一審判決後、記者会見に臨む伊藤詩織さん(写真:毎日新聞社/アフロ)

 ジャーナリストの伊藤詩織さんが、自身の性被害を誹謗中傷するイラストをツイッターで投稿、拡散されて名誉を毀損されたとして、マンガ家のはすみとしこさんらを訴えた民事訴訟。11月30日にくだされた判決で東京地裁は、はすみさんのイラストは「社会通念上許容される限度を超えた侮辱行為」などとして、弁護士費用を含め88万円の賠償を命じた。また、はすみさんのツイートをリツイート(RT)した男性2人にも、それぞれ11万円の支払いを命じた。RTしただけでも責任を問われる司法判断は相次いでおり、社会的にも注目された今回の判決で、SNSユーザーは発信者としての責任を一層自覚するよう促されている。

はすみとしこ氏の描いた“中傷イラスト”は「侮辱である」と東京地裁が認定

 伊藤さんは、2015年に起きた性暴行事件に関し元TBS記者の山口敬之さんを告訴した件が不起訴となった後、検察審査会に申し立てを行い、記者会見を開いてその経緯を公表した。検察審査会の「不起訴相当」議決の後は、2017年9月に民事裁判を起こし、裁判所に舞台を移して自らの被害を訴えてきた。山口さんは、この訴えを全面的に否定し、自らの社会的信用が奪われたとして、伊藤さんに対し反訴を提起。双方の訴えを同時に審理していた東京地裁は2019年12月、伊藤さんの主張を認め、山口さんに330万円の損害賠償を命じる判決を下した。

 今回の判決で不法行為とされた、はすみさんによる4つのイラスト・ツイートは、伊藤vs山口の民事裁判が提起されて以降、判決直後までの間に発信されている。

 イラストでは、性被害ではなく、伊藤さんが職を得るために性関係を利用する「枕営業」を行ったかのように、「枕営業大失敗!!」と大書されている。また、「そうだ、デッチあげよう!」「裁判なんて簡単よ」「カメラの前で泣いてみせて裁判官に見せればいい」などのコメントを添え、伊藤さんが虚偽を語って被害者を演じ、それを鵜呑みにした裁判官によって勝訴判決を勝ち取ったかのようなイラストもある。

 今回の判決は、こうした表現はいずれも「社会通念上許容される限度を超えた侮辱行為」と厳しく批判した。はすみさんは、イラストに描いた女性は伊藤さんではないなどとも主張していたが、判決はこれを退けている。

 人の社会的評価を損なう表現でも、公共性や公益目的があり、内容が真実である(もしくは、真実と信ずるについて相当の理由がある)と認められれば、免責される。はすみさんも、合意のない性行為を否定する山口さんの主張が真実であると信じる正当な理由があった、と主張していた。

 これに対し判決は、検察の山口さんに対する不起訴処分や検審議決では起訴しない理由が明確でなく、被害がないとまでは認められないうえ、山口さんも「枕営業」があったという主張はしていない、と指摘。さらに、2つのツイートについては、伊藤vs山口訴訟の判決がすでに出た後であることを考慮し、「各ツイートの適示する事実を真実であると信じるにつき、相当の理由があったと認めることはできない」と断じている。

 妥当な判断というべきだろう。ただ、伊藤さんの被った精神的苦痛についての評価には、いささか疑問が残る 。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合