NEW
舘内端「クルマの危機と未来」

122年前に時速100キロ超えた最初の乗り物はEVだった…現在と構造変わらず

文=舘内端/自動車評論家
【この記事のキーワード】, ,
ジャメコンタント号のレプリカ
ジャメコンタント号のレプリカ(筆者撮影)

 今から122年前の1899年に、「ジャメコンタント号」と名付けられたレーシングEV(電気自動車)が時速100キロメートルを超えた。鉄道も飛行機も(当時はまだ存在しなかった)、もちろん船も超えられなかったスピードを、EVは軽々と超えたのだ。

 そのEVは、構造的には今日のヨーロッパの最新スポーツEVと変わらなかった。それから122年、変わったのは電池だけだった。すでにEVは122年前に出来上がっていたともいえる。

122年前の自動車

 122年前の1899年というと、日本は明治32年である。ちなみに、この年には東京~大阪間の長距離電話が開通し、山陽鉄道(現山陽本線)の京都と防府間に食堂車が登場、博多港が開港、年賀郵便が始まった。明治維新から32年。まだまだ日本は文明開化の真っただなかであった。

 そうしたなかで、人類が初めて経験した時速100キロメートルは、どの程度すごいことだったのだろうか。122年前の自動車の状況を見てみたい。

 この年の13年前、つまり1886年に現在に通じるガソリン自動車が発明された。ゴットリープ・ダイムラーとカール・ベンツによるものだ。そのなかでベンツが発明した三輪車は、単気筒785ccのガソリンエンジンを積み、その最高出力はたった0.8馬力で、最高速度は時速16キロメートルほどであった。

 当時、人気の一翼を担ったのは蒸気自動車であった。アメリカのボストン、ニューヨークといった都市部では2000台も存在した。時速40キロメートルほどで走り、最高出力は4馬力ほどであった。EVも発明されていた。1890年代にはロンドンでタクシーとして使われていた。こうした原動機の混成状態のなかに電気自動車も存在した。

 やがてガソリンエンジン車、蒸気自動車、EVが入り乱れて1894年にパリ-ルーアン、翌95年にパリ-ボルドーの自動車レースが開催された。

自動車レースの始まりと駆動方式

 パリ-ルーアンの走行距離は126キロメートル。平均時速18.7キロメートルで走ったド・ディオン・ブートン(ガソリン車)が世界初の自動車レースの勝者となった。少々マニアックな話になるが、現在のトラックを含めた自動車のFR(フロントエンジン、リアドライブ)と呼ばれる駆動系のレイアウト(配置)を発明したのは、このレースで3位に入ったパナールである。システム・パナールといわれるレイアウトは、エンジンを車体に対して前後方向縦に、変速機、プロペラシャフト、デフを同じく縦に配置して、後輪を駆動するいわゆるFRだ。

 ただし、自動車の100年以上もの歴史のあいだ、駆動方式の玉座にいたシステム・パナールは、本格的なEVの登場と共に消えゆく運命にある。一方、上記のカール・ベンツとゴットリープ・ダイムラーの駆動系のレイアウトは、一部のスポーツカーやほとんどのレーシングカーに採用されている、エンジンを車体中央に置き、後輪を駆動するMR(ミッドシップ)であった。

 自動車の駆動系のレイアウトは、MRに始まり、FRを経由してFF(フロント・エンジン、フロントドライブ)に至ったが、さてEVではどうだろうか。すでに4輪にモーターを配した4WDのEVは実用化されている。これまでの常識を超えた想像もつかないものになるだろう。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合