NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

大阪ビル火災、京アニなど過去の事件を模倣の可能性…コピーキャットの連鎖が深刻

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】, ,
大阪ビル火災、京アニなど過去の事件を模倣の可能性…コピーキャットの連鎖が深刻の画像1
「gettyimages」より

 12月17日午前、大阪・北新地のビルの4階に入っていた心療内科と精神科のクリニック「西梅田こころとからだのクリニック」で火災が発生した。この火災で、28人が負傷し、うち27人が心肺停止状態に陥り、現時点(17日午後4時20分現在)で19人の死亡が確認されたという。男が火をつけたとの情報もあり、放火とすれば無差別大量殺人と考えられる。

 無差別大量殺人は、次の6つの要因が重なった結果起きることを、アメリカの犯罪心理学者レヴィンとフォックスが明らかにしている。

1)  長期間にわたる欲求不満

2)  他責的傾向

3)  孤立

4)  破滅的な喪失

5)  コピーキャット

6)  武器の入手

 たしかに、無差別殺人犯は、人生がうまくいかず、長年にわたって欲求不満を抱いており、孤独な生活を送っていることが多い。しかも、自分の人生がうまくいかないのは他人や社会のせいと思い込んで、怒りと恨みを募らせ、復讐願望を抱く他責的傾向も強い。

 それに拍車をかけるのが被害者意識であり、ときには何らかの精神疾患によって被害妄想を抱いていることもある。たとえば、2019年に「京都アニメーション」に放火した当時41歳の男は、自分が応募した作品が「パクられた」と思い込んでいたようだが、「京都アニメーション」によれば、そのような事実はなかったらしく、被害妄想を抱いていた可能性が高い。ちなみに、この男は精神障害者手帳2級を所持していた。

 こうした状況にあっても、何らかの引き金がなければ、凶行に及ぶことはない。引き金になるのは、しばしば本人が「破滅的な喪失」と受け止めるような失職、別離、経済的損失などの喪失体験である。客観的には、そんなにたいしたことではないように見えても、本人が大切なものを失ったと感じ、「もうだめだ。自分の人生は終わりだ」と思い込むような出来事が引き金になることが多い。現在、コロナ禍の影響もあり、1つの仕事を失うと、次がなかなか見つからないという状況も影響しているのかもしれない。

 さらに、過去の事件を模倣する「コピーキャット」も重要だ。今回の事件が「京都アニメーション」事件の模倣である可能性は十分考えられる。それだけでなく、最近相次いで発生した列車内で油をまいて火をつける事件も模倣の対象になったのではないか。

 最後の要因として、大量破壊を可能にする武器の入手が挙げられる。今回の事件で凶器として用いられたのは火だが、火をつける前に油をまいたのかもしれない。「京都アニメーション」放火殺人事件以降、ガソリンを入手するのは難しくなったが、普通の油は簡単に入手できる。京王線事件で使われたのはライターの油であり、誰でも入手可能だ。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合