NEW

実録・投資素人の筆者が投資に挑戦!口座開設からレポート、いきなり躓いたワケ

文=武松佑季/フリーライター
【この記事のキーワード】, ,
スマホでも投資が簡単にできる時代に
投資のイメージ(「Getty Images」より)

 気がつけば知人間での会話トピックに資産運用系トークが増えてきた。筆者はそれをどこぞ異国の言葉のように聞き流していたが、いつの間にやらアラフォーに突入。「みんながいつの間に大人になっている?」と焦り、そんな会話に「自分も混ざりたい!」と願っても、小難しい話から逃げまくっていたツケが回り、投資なんて何から始めていいのかさっぱりだ。

 そんな折、投資体験ルポ連載のお話が舞い込んだ。これは渡りに船ということで、財テク能力ゼロのアラフォーフリーライターが、自腹でゼロから投資にチャレンジすることになった。

 細かい用語や制度の説明は他の解説サイトや動画に任せるとして、素人投資家がどうなっていくのか、本連載はそのドキュメンタリーである。

二大ネット証券、「楽天証券」「SBI証券」で口座開設

 とはいえ、小学生並みのマネーIQの筆者が自力でやっても仕方がない。ということで、編集部が監修役としてオファーしてくれたのは、ファイナンシャルプランナーの高山一恵さん。これまで何冊もの投資関連本を出版、マネー系の講演を日々こなすプロフェッショナルなお方だ。実に心強い。

 投資といえば安直に株を連想する筆者だが、高山さんによると、「どの銘柄(企業)の株を買えばいいのか、業績や株価を見なくてはいけないので難易度はやや高め。さらに通常は100株など最低限の株数での購入になるので、いろんな銘柄の株を購入するとなると非常にお金がかかります。対して、超初心者でも安心して始められるのが『投資信託』の、特に『つみたてNISA』になります」という。

 それでは「つみたてNISA」をやってみよう。しかし、筆者には「投資信託」が何なのかすらわからない。

「ざっくり説明すると、プロのファンドマネージャーが選んだ国内外の株式、債券、不動産などのパッケージ商品で、100円から買える金融商品です。その種類は約6000本もあります。そのなかで、国が厳選した約200本の優良な投資信託を購入でき、しかも利益に対して非課税となる制度が『つみたてNISA』なんです」(高山さん)

 年間投資上限額40万円、非課税期限20年らしいが、初心者が運用するうえで、とりあえず気にすることではないだろう。そして、「つみたてNISA」を始めるには、投資信託を売買するための証券口座を開設する必要があるそうだ。

RANKING
  • マネー
  • ビジネス
  • 総合