NEW

RIZINで八百長、久保が事前LINE認める…シバター虚偽説明か、逆に久保を批判

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
RIZINで八百長、久保が事前LINE認める…シバター虚偽説明か、逆に久保を批判の画像1
久保優太の公式Twitterアカウントより

 大みそかに行われた総合格闘技イベント「Yogibo presents RIZIN.33」での注目マッチ、Youtuber・シバターと元K-1王者の久保優太の対戦をめぐり八百長疑惑が浮上している件で、2日、久保は、事前にシバターから試合のシナリオを持ち掛けられ、それに応じていたことを告白。真剣勝負とみられていたRIZINでの一戦に“台本”があったことがわかり、格闘技ファンたちは騒然となっている。

 試合では序盤、久保はシバターに何発かキックを浴びせ、シバターは土下座やタイガーステップなどのパフォーマンスを見せるも、なぜか久保はそのままK-1仕込みの強力なキックとパンチを畳みかけて相手を倒すような姿勢を見せず、逆にシバターから右パンチを受けてダウン。さらに久保は立ち上がったところでシバターから飛びつき腕ひしぎ逆十字固めを決められ、わずか1ラウンドの2分16秒で敗北となった。

 しかし、翌1日には久保の妻の親族を名乗る人物が、Twitter上で久保とシバターが事前に試合の流れについてLINE上で打ち合わせをしているタイムラインのスクリーンショットを投稿。そこには次のように書かれてた。

・シバター「多分いつでも私を仕留められると思うので 出来れば2ラウンド目に決めてください 視聴率や、てんちむさんにラウンドガールお願いしてたりするので 1ラウンド目はめちゃくちゃ私ふざけるので 1ラウンド目うまく時間潰して 2ラウンド目で本気で倒しに来てください」

・久保「いつでも倒せるだなんてとんでもないです!僕の良いのが当たれば倒れる、シバターさんの良い技が極まれば極まる。というどっちもあり得る展開だと思います!」

シバターはLINEを「捏造」と否定

 もし、このやりとりが事実であれば、真剣勝負が前提のRIZINだけに“ヤラセ”といわれても仕方がないが、シバターは1日、自身の公式Youtubeで動画を投稿し、次のように疑惑を否定していた。

「当人ですので、はっきり言います。私、シバターは、昨日の久保さんとの試合において一切の八百長はしておりません」

「(ネット上で出回っているLINEのスクショについて)まったく身に覚えはありません。あれ捏造なんじゃないですか? 誰がなんのために画像をつくったか、わからない」

「もし仮に万が一、あれが本物だったとしたら、シバターからそういう打診が久保さんに送られていたとしたら、久保さんって元K-1チャンピオンなんでしょう? プロ格闘家でしょう? 絶対のんじゃだめでしょう。のんだふりをしても、1ラウンドでマジに仕留めにいかなきゃ駄目でしょう。もし1ラウンドを流すつもりだったとしても、もしシバターが本気で仕掛けてきたら、対処しなきゃダメでしょう。プロなんだから」

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合