NEW

日本のオーケストラだけの特殊な職、インスペクターとは?指揮者には貴重な存在

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】, ,
日本のオーケストラだけの特殊な職、インスペクターとは?
オーケストラの意外な役職(「Getty Images」より)

「先週の指揮者は誰でしたか?」

「えーと、誰だっけ?」

 これは、客演指揮をする指揮者とオーケストラの楽員との間でよくある会話です。

 指揮者は、一定のポジションを与えられたオーケストラを活動の中心とするケースが一般的ですが、観客やオーケストラからしてみれば、いくら素晴らしい指揮者であっても、毎回同じ指揮者だと飽きてしまいます。

 たとえば欧米などでは、その指揮者は年間公演回数の3分の1程度を指揮して、3分の2はほかのオーケストラに呼んでもらう、つまり客演指揮をすることになります。指揮者のポジションは契約制なので、ほかのオーケストラで客演をすることは、次のポジションを得る就職活動でもあるのです。

 そういう指揮者だけでなく、いろいろなオーケストラから招待を受けながら、客演指揮者として毎週、違うオーケストラと自由に仕事をしている指揮者もいますし、むしろそのほうが人数は多いと思います。

 たとえば現在、スティーブン・スピルバーク監督の最新作で、今年のアカデミー賞にも7部門ノミネートされている映画『ウエスト・サイド・ストーリー』(ディズニー)の作曲家であり、指揮者としても20世紀を代表するアメリカ人のレナード・バーンスタインなどは、若くして名門ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団(現ニューヨーク・フィルハーモニック)の音楽監督を務めましたが、その後はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団やロンドン交響楽団のような世界的なオーケストラから引っ張りだこになっても、二度とオーケストラのポジションに就任しませんでした。

 また、ちょっとしたことでもキャンセルしてしまうことで有名だったカルロス・クライバーも、天才的な指揮者でありながら一度も自分のオーケストラやオペラ劇場を持ったことがありません。この2人は、好きな曲目を、好きな時に、好きなオーケストラで指揮する、自由な客演指揮者の大スターでした。その理由には、ポジションを持つことに伴う音楽以外のさまざまな雑務を嫌ったこともあるでしょう。

今週のプログラムをこなすのも大変なオーケストラ楽員

 話を戻しますと冒頭の会話は、客演指揮者がオーケストラ楽員に、先週の指揮者は誰だったのかを聞いたにもかかわらず、楽員はすっかり指揮者の名前を忘れているというもので、実は世界中のオーケストラではよくあることなのです。

 これに対し「来週になったら、僕が指揮をしていたことなんて忘れてしまうのではないか?」と、僕は本気か冗談かわからない感じで皮肉っぽく返すのが恒例になっています。実際のところ、楽員はリハーサルから本番までずっと同じ指揮者の顔を見つめ続けていても、翌週になったら、すぐに思い出せないことがよくあるのは確かです。まるで昨日の昼食に何を食べたのかすぐ思い出せないこととよく似ているように思います。

 もちろん、楽員側としても、先週の客演指揮者と素晴らしいコンサートしたとしても、今週は今週の指揮者と新しい曲目に集中しなくてはならないわけですから、先週のことなど覚えていられません。この切り替えの早さは、プロフェッショナルならではのルーティンなのでしょうか。とにかくプロの楽員は、今週から始まるリハーサルのことで心は一杯一杯なのです。

RANKING

11:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合