NEW

採用面接で「休日に電話がくる企業は辞めます」…有給取得しやすさ、人材採用力に直結

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
採用面接で「休日に電話がくる企業は辞めます」…有給取得しやすさ、人材採用力に直結の画像1
エッフェル塔とバックパッカー(Getty imagesより)

 オンライン旅行サイトなどを運営するエクスペディアの日本法人エクスペディア・ジャパンは18日、毎年実施している2021年の「有給休暇の国際比較調査」の結果を発表した。3月発表に続く第2弾での結果公表で、同社のプレスリリースによると日本人労働者の有給休暇所得率は2015年の調査時と同率の60%となったという。特に、18歳から34歳の若者の取得率は67%と目立ち、若年層が有給を積極的に取得している傾向にあるという。

 厚生労働省も昨年11月9日に公表した「令和3年就労条件総合調査の概況」で有給所得率が56.6%に達したことを公表。1984年の調査開始以来、過去最高を更新した。自身の身や家族を顧みることなく休みなく働くことが美徳とされ、“モーレツ社員”や“企業戦士”などともてはやされた1980年代の企業風土が今なお散見される一方、若年層を中心にワークライフバランスの拡大が進んでいるようだ。

 エクスペディアの調査は21年12月14~30日、日本、アメリカ、カナダ、メキシコ、フランス、ドイツ、イタリア、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、香港、マレーシア、シンガポール、韓国、タイ、台湾の16の国と地域の1万4544人(日本1003人)を対象に、インターネットリサーチ方式で行われたという。

 有給支給日数は14年から横ばいの20日のままだったが、取得日数は20年の9日に比べ12日に増加。取得率は15年と同率の60%に増加した。

 世代別では18~34歳が支給日数15日、35歳以上が同20日と若年層の支給日が少ない。一方、34歳以下の取得日数は10日で、取得率は67%という結果になった。35~49歳と50歳以上はともに取得日数は12日、取得率は60%だった。

「休暇中に連絡を遮断しない」日本は最多

 一方で同社は「55%の人が『休み不足を感じている』と回答」したことを指摘。20年は前年比で「休み不足」を感じている人が約10%減少していたが、21年には再度10%上昇したとしている。また「休暇中に連絡を遮断するか」という質問に対し、43%が「連絡を遮断しない」と回答し、30%のニュージーランド、26%のオーストラリアを大きく引き離して、世界最多となったという。

 そのうえで、「新型コロナウイルス感染症の感染拡大は世界的に働き方の変化をもたらし、在宅勤務やワーケーションなどの柔軟な働き方を楽しめるようになった一方で、日本においては休暇中でも連絡を取れなければならないというプレッシャーが依然強く残っているようです。有給休暇の取得率は改善した日本ですが、休暇を十分に楽しみ、仕事へのモチベーションを上げるためには、まだまだ『働き方改革』を進める必要がありそうです」と分析した。

RANKING

5:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合