NEW

NTT接待問題で辞職の総務省幹部が「NTTグループ企業」副社長に就任…波乱必至

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
の画像1
谷脇元総務審議官(総務省のHPより)

 ネット接続サービス、インターネットイニシアティブ(IIJ)は、東北新社とNTTからの接待問題で処分を受け、辞職した谷脇康彦・前総務審議官を取締役副社長として招く。6月28日に開催する定時株主総会を経て正式に決定する。

 谷脇氏は1984年、一橋大学経済学部を卒業し、郵政省(現総務省)に入省。NTT再編などに関わり、2000年代には日本の情報通信政策のロードマップ「新競争促進プログラム2010」や携帯電話業界の改革案「モバイルビジネス活性化プラン」の策定を主導するなど、通信行政のエキスパートとして腕を振るった。

 2019年に郵政・通信担当の総務審議官に就任し、菅義偉前首相が近年進めてきた携帯電話料金の引き下げなどの政策を後押しした。こうした経緯もあって、21年夏の事務次官就任が有力視されていた。

 NTTの澤田純社長やNTTデータの幹部などが、谷脇審議官と総務省出身で前内閣広報官の山田真貴子氏らに対して高額な接待を行っていたと「週刊文春」電子版が21年3月3日に報じた。NTTグループの関連会社が運営するレストランで、総額約91万2000円の接待を複数回受けていた。

 NTTはNTT法に基づき総務省から事業計画などで許認可を受けているため、総務省幹部がNTTから接待を受けることは国家公務員倫理法に抵触する。谷脇審議官と山田広報官は、菅前首相の長男・正剛氏が部長職を務める東北新社からも接待を受けていた。NTTとの問題が発覚したことで、山田氏は内閣広報官の職を辞し、谷脇審議官は減給処分を受け、3月16日に総務省を辞職した。

 捨てる神あれば、拾う神ありだ。IIJが谷脇氏を副社長として迎え入れることを内定。「次期社長候補」として注目を集めるスカウト人事である。IIJの鈴木幸一会長は、71年に早稲田大学文学部を卒業し、日本能率協会に入社。「若くてもエンジニアには自由にカネを使わせて遊ばせておく勇気を経営者は持つべきだ」というホンダの創業者、本田宗一郎氏の持論に感銘。30代半ばで日本能率協会を退社して米国に渡り、コンピュータや通信技術のエンジニアたちと交流を深めた。

 92年、42歳で日本初の商用ネット接続会社インターネットイニシアティブ企画(現IIJ)を設立した。当時の日本はインターネットの黎明期。スタートアップ企業への無理解から免許取得にとても苦労した。鈴木氏は日本経済新聞に『私の履歴書』を19年10月の1カ月連載した。このなかで監督官庁である郵政省(現総務省)との折衝に一章を割いている

<郵政省の係官は登録の条件として「通信は公益事業で、倒産は許されない。当初の計画通り設備投資をし、一方で3年間1件も契約が取れないと仮定しても、会社が潰れないという財務基盤を示せ」という。私は「3年間、契約ゼロなどあり得ない」と反論するが平行線のままだった>(『私の履歴書』より)

RANKING

5:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合