NEW

借金してでも献金、早く現金「HG」…統一教会の実態、紀藤弁護士が明かし物議

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
借金してでも献金、早く現金「HG」…統一教会の実態、紀藤弁護士が明かし物議の画像1
統一教会(世界平和統一家庭連合)の本部(「Wikipedia」より)

 安倍晋三元首相を銃撃した山上徹也容疑者の母親が入教していた統一教会(世界平和統一家庭連合)の田中富広会長らが11日、会見を開いた。山上容疑者は「母親が旧統一教会の信者で、多額の寄付をして破産した。安倍元首相がつながりがあると思い込んで犯行に及んだ」などと話しているとされるが、会見で田中会長は「(山上容疑者の母親は)破綻されたとお聞きしています」「献金問題に関しましては、現在警察が捜査中であると思われますので、この場での言及は避けさせていただきます」などと説明。これに対し、統一教会元信者たちからの相談を受け支援を続けている紀藤正樹弁護士は12日放送のテレビ番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に出演し、「(田中会長は)大事なことについてきちっと説明しない」と批判。さらに「統一教会がカルト的な集団であることは間違いなくて、社会規範との逸脱性が激しいからです」などと強い言葉を使い統一教会の活動の実態を明かし、物議を醸している。

 安倍氏は統一教会の友好団体UPF(天宙平和連合)の会合にメッセージを寄せたことがあり、それが山上容疑者による安倍氏銃撃の動機の一つになったのではないかという見方について、田中会長は会見で

「(安倍氏には)私たちが提唱する世界平和運動に賛意をいただいた。会員とか顧問登録をしていたことはない」

「当法人と友好団体(=UPF)を同じと考えていたのではないか。どちらも創設者が同じなので、一緒に見ていたのでは」

などと語っていたが、この説明について紀藤弁護士は次のように疑問を呈した。

「UPFというのを『区別がつかない』と先ほど言われましたけれども、これはUPFと区別がつかないように教えている統一教会側の問題なんです。多くの信者は区別がつかないです。なぜかというと、すべての活動は統一教会という宗教団体の活動そのものなんです。その一つに宗教法人があるんですね。我々からみたらUPFと統一教会というのは、いわば一体の組織であって、別の組織というのは、ただ法人格が違うだけであって、実態は一緒なんですね。統一教会に入ってたらUPFに入ってるのが普通であって、別団体だというのは極めてミスリーディング」

高齢者の“なけなしのお金”を霊感商法で奪う

 また、焦点となっている信者から統一教会への献金の実態について、こう説明した。

「高齢者の方の“なけなしのお金”をですよ、霊感商法で奪って、それを統一教会に捧げることがですね、それが相手の救いになると思ってるんですね。信者の方も悪いと思ってるわけじゃないです。相手からお金を奪うことがその人のためになると思ってる。

RANKING

11:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合