NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

世界で一番ウマいバーベキューは?各国のBBQを知り尽くした私の一推しレシピ

文=篠﨑靖男/指揮者、桐朋学園大学音楽学部非常勤講師
【この記事のキーワード】, ,
世界で一番ウマいバーベキューは?
どこの国のBBQがウマい?(「Getty Images」より)

 今年は猛暑の夏となり、皆さんのなかにはデイキャンプとまではいかなくとも、家族や友人と野外バーベキューなどを楽しんでいらっしゃる方も多いかと思います。換気の良い野外で、焼き上がったトウモロコシなどをかじりながら、ワインを飲んだりするのは至福の時間です。

 日本のバーベキューも、この数年のアウトドアブームで進化し、ダッチオーブンでローストチキンをつくったり、ピザを焼いてみたりと、思い思いのやり方で楽しむ方も増えているようですが、基本的には焼き肉、ソーセージ、焼きそばが定番でしょうか。なぜか、バーベキューではアスパラガスを焼きたくもなりますが、いずれにしても、みんなで火の周りに集って、わいわい過ごすのは心躍る時間です。

 それが、いつの間にか一人だけが焼く係となって、汗をふきふき焼き続けているのを尻目に、ほかのメンバーは椅子に座って缶ビール片手に談笑しているのも、よくある光景です。

 僕は仕事柄、留学先のオーストリアから始まりイギリス、アメリカと移り住みながら、それ以外にもさまざまな国々に滞在する機会がありました。そんななかで、本場アメリカのバーベキューがどんなものかといえば、日本のように焼き肉という感じではなく、まずバーベキューコンロですべての材料を焼いてから、全員がテーブルについて食事をするのが一般的です。実は、ほかの国々でも同様のスタイルなのです。バーベキューといえば、網でジュージューと焼きながら食べる、というイメージがある僕にとっては、最初はちょっとさみしい感じもしていましたが、今ではこれも良いと思っています。

アメリカ式のBBQ

 ところで、バーベキュー先進国のアメリカのバーベキューは、さぞかし豪華だろうと想像される方が多いでしょう。確かに、Tボーンステーキをどんどん焼いて、大きな肉の塊を頬張るようなケースもありますが、アメリカでバーベキューといえば、何よりもハンバーガーです。

(1)塩こしょうを混ぜた挽肉を薄いハンバーグ状にしてバーベキューコンロに置き、蓋を閉めて蒸し焼きにする。スモークチップを使うと香りがついて、よりおいしくなる。

(2)焼き上がったハンバーグと、少し厚く切った生のトマトに、ケチャップやマスタードをつけ、薄切りタマネギ、お好みでピクルス加えて、ハンバーガー用のパンで挟む。

 つくり方はたったこれだけなのですが、ファストフードでは味わうことができない、本物のアメリカンハンバーガーが出来上がります。もちろん、味は最高で、ビールにも合うこと間違いなしです。

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合