NEW

金正恩、日本での工作活動強化を指示…旧統一教会より問題な“隠れ親北派”議員たち

構成=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, , ,
北朝鮮の金正恩国務委員長(「gettyimages」より)
北朝鮮の金正恩国務委員長(「gettyimages」より)

 韓国と北朝鮮の“ハイブリッド戦争”が加速している――北朝鮮の金正恩国務委員長は5月に開かれた在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)全体大会に合わせて書簡を送り、在日本大韓民国民団(民団)などとの「民族団結事業」を強化するように指示した。

 金委員長は書簡で「(朝鮮)総連は民族大団結の旗印の下、民団をはじめとする組織外同胞との民族団結事業を強化して統一愛国勢力を一層拡大し、彼らとの共同行動、共同闘争を活発に展開すべきだ」と伝えている。これに対して、民団の呂健二中央本部団長は6月に発表した談話文で「北の主体思想に民団を引き込んで共同行動により統一愛国勢力を拡大せよという指令」「朝鮮総連の策動に扇動されてはならない」と反発した。

 民団と朝鮮総連は対立を繰り返してきた歴史があり、北朝鮮の指導者が民団に言及して朝鮮総連に連携を促すのは異例だ。この真意は何なのか。以下、元駐日韓国大使館公使で「統一日報」論説主幹の洪熒(ホン・ヒョン)氏が読み解く。

浮かび上がる朝鮮総連の「正体」

 この書簡は朝鮮労働党総書記名義ですが、当然、朝鮮労働党の対南工作の司令塔である統一戦線部が作成した指令です。朝鮮総連の定期全体大会は3年に一度開かれるため、今後3年間の闘争基本指針といえます。

 書簡は、朝鮮総連は金日成と金正日が創建、建設したものと宣言、「総連の活動家は在日同胞の運命を自ら担い、愛国の道を歩む職業的な政治活動家であり、わが祖国が最も大事にし、押し立てる海外の革命同志です」と規定しています。要するに、朝総連の本性は、単なる在日朝鮮人組織ではなく“朝鮮労働党日本支部”であることを確認しているのです。

 そして、朝総連のあらゆる宣伝物に登場する「総連隆盛の新時代を開こう」というスローガンも、この金正恩の書簡が指示したものです。

朝鮮労働党からの指令と4つの課題

 書簡は「総連隆盛の新時代」を開くための具体的課題を指示しています。

 チュチェ思想を指導思想としている総連組織に提起される課題は、第一に「総連のすべての活動を同胞第一主義へ志向させ」「同胞第一主義は、偉大なチュチェ思想、人民大衆第一主義を在日朝鮮人運動の実践に具現した思想」というものです。

 人民大衆第一主義とは、金正恩時代のキーワードで、2021年1月の朝鮮労働党第8次大会で党綱領を改正したとき、金正日時代の「先軍政治」の代わりに打ち出されたスローガンです。

 第二に「民主的民族教育は、総連と在日朝鮮人運動の生命線であり、在日同胞社会の存立と将来がかかっている愛国事業です」。徹底徹尾、「自分の領袖」などをはっきりと認識させることに重点を置かねばならず、そのためには教育活動家の隊伍を、総連の愛国偉業の未来に責任を持つ「職業的革命家」の隊伍として精鋭化することに注力せねばならない、と明言しています。

RANKING

17:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合