NEW

明石市長が“受賞ビジネス”を告発 大賞の条件として「80万円を要求された」

文=佐藤勇馬
【この記事のキーワード】,
横行する受賞ビジネス 明石市の泉市長「日本子育て支援大賞から、受賞させてやるから80万払えとメールがきたので晒す」 の画像1
Twitter「明石市長 泉 房穂(いずみ ふさほ)@izumi_akashi」より

 兵庫県明石市の泉房穂(いずみ・ふさほ)市長が、日本子育て支援協会が実施する「日本子育て支援大賞」の主催者から大賞を受賞させる条件として計80万円を要求されたと暴露し、ネット上で波紋が広がっている。

 泉市長は15日、自身のTwitterで「『日本子育て支援大賞』というとイメージがいい。普通にいただけるなら、ありがたく思う。しかし、お金で賞を買うとなると、話は違う」と切り出し、「実は今年の3月に主催者から『大賞』に推薦したいと明石市に連絡があったが、お断りをした。大賞受賞の条件として、金銭を要求されたからだ。大人の世界だ…」と経緯を明かした。先方からのメールの画像も公開されている。

 さらに、泉市長は「受賞の条件として『ロゴ使用料70万円』と『トロフィー代10万円』が必要と言われたので、ロゴは使わないし、トロフィーもいらないので、賞だけというわけにはいかないのかと、主催者に直接問合せをしたが、他の自治体には払ってもらっているので、とのことだった」と具体的な金額を明かし、「関係者の皆さん、見直しの検討を!」と訴えた。

 「日本子育て支援大賞」は2020年に第1回が実施され、子育て世帯にとって魅力的で役立つ商品やサービスに賞が与えられていた。第2回から企業分門に加えて「自治体部門」が設立されたようで、今年の第3回の受賞について明石市に「推薦」の連絡があったということのようだ。

 公式ホームページに記載された「選考の流れ」によると、同大賞は一般公募及び事務局によるノミネート方式で、子育て支援関連企業に勤務するママ社員・パパ社員計10名による1次選考、審査委員会の選考会議による2次選考によって受賞が決まるとされている。

 ちなみに、第3回は7月に表彰式が行われ、自治体部門で東京都八王子市、大阪府枚方市、茨城県境町、岡山県奈義町が受賞した。

 これにネット上では「金で買える賞って本当にあったのか?」「〇〇〇セレクションとか〇〇〇デザイン賞とか、こんなのばっかりなんだろうな」「お金払わないともらえない賞ってなんなの」といった声が寄せられ、反響が広がっているようだ。

RANKING

11:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合