NEW

韓国発のオンラインレッスン「CLASS101」が残念すぎる…1万円以上払ってガッカリ

文=石徹白未亜/ライター
【この記事のキーワード】, ,
「CLASS101ホームページ」より
CLASS101ホームページ」より

 コロナの流行もあって、レッスンやセミナーの「オンライン化」はここ数年で劇的に進んでいる。講師側、生徒側双方にとっても、居住地に関わらず好きなレッスンを開講、受講できるのは大きなメリットだろう。

 しかし、今、私はそんなオンラインレッスンプラットフォームの一つ「CLASS101」のレッスンを受けて、非常にガッカリしている。私の失敗をもとに、オンラインレッスンをどう探せばいいのか、どうすれば後で「失敗した」と思わずに済むのか、についてお伝えしていきたい。私はイラストの講座を受講したが、他ジャンルの講座を受講したい人にも役に立つ内容だと思う。

※この原稿作成時と行き違うタイミングになる2022/8/30にCLASS101は「定額で講座を見放題」できるプランを発表した。公式サイトには「CLASS101では1クラス当たりの平均価格は約23,000円(2021年実績・キット料金含む)となっておりました。CLASS101+では、より多くの方にお手頃にオンラインレッスンを楽しんでいただくため、年額15,600円(キット別売)とお手頃価格での見放題サービスを開始しました」と記載がある。

 

 よって、これから購入する方は比較的敷居が低いのではないかと思うが、それまでの受講者としたらたまったものではない料金改定だ。考えてみればAmazon Kindleの読み放題のプランのように、ウェブでサービスを展開する事業者は大胆な料金改定や、「○○放題」的なプランを後から提供することがある。利用者にしてみれば高値で買ってその後の大幅値下げにガッカリすることも考えられるため、新しいサービスはとにかく「待ち」が案外正解なのかもしれない。

あえて有料の講座を選んだ理由

 CLASS101は韓国発のオンラインレッスンプラットフォームで、現在、日本、アメリカでもサービスを提供している。ジャンルはアート、ライフスタイル、クラフト、デジタルイラスト、キャリア・ビジネスと幅広い。価格設定は講師の意向もあるのだろうが、1万円を超えるものも多い。ライブ型の講座もあるのかもしれないが、見た限り「購入すると、撮影済みの講座動画が視聴できる」という形式のものが多く、私が受講したのもそのタイプだ。「動画を視聴してもらう」は「ライブ型」よりも手間が少ない分、価格設定は強気な印象だ。

「CLASS101ホームページ」より
CLASS101ホームページ」より

 私が受講したイラスト界隈はYouTubeでも、多くの漫画家、イラストレーターが無償で多くの講座動画を提供している。プロが開講しているなど、有益なものもとても多く、わざわざ有料の講座を受けなくてもYouTubeで十分ではないか、という意見もあるだろう。

 ただ、有料の講座ならではのいいところもある、と自分の経験から言える。私は過去に有料のイラストのオンラインスクール「パルミー」を受講したことがあるが、有料ならではの良さがあった(なお、この記事はパルミーのPRではない)。

 有料ならではの一番の良さは「時間の無駄が少ない」という点だ。パルミーは登録すればさまざまな講座が見放題になり、講師もイラストの専門学校の現役講師など、講師としての実績がある人も多く、教え上手な人が多かった。

 一方、YouTubeは誰でも発信者になれるため、玉石混交の「石」の率が高く、「その中から今の自分の状況にフィットをしたものを探す」というのが案外手間だ。「タイトルとサムネイルの画像のセンスはとてもキャッチーなのだが、中身はさっぱり」な、見せ方だけやたら達者な羊頭狗肉な動画も多い。これは講座に限らないが、手軽に情報発信ができる今のネット社会は、「石」の割合が極めて多い玉石混合状態であり、逆に言えば「ここに行けば、ある程度のクオリティが担保されます」ということ自体が価値になる。

1万円以上の動画で「ほぼ手元のみ」

 一度受講して信頼しているパルミーで今回も受講すればよかったのだが、私が今回CLASS101で受けたい、と思った講師(以下、A)はパルミーでは講座を開いておらず、また、Aのイラストの技法は先進的なもので、パルミーでもYouTubeでも似た講座はほぼない、という状況だった。Aは若くしてイラストの大きな仕事も手がけ、フォロワーも多い人気イラストレーターだ。

RANKING

11:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合