NEW

「吉祥寺が1位陥落、理由は人気低迷」は嘘?住みたい街ランキングの誤読

文=A4studio
【この記事のキーワード】, ,
吉祥寺駅前(「gettyimages」より)
吉祥寺駅前(「gettyimages」より)

 吉祥寺人気は終わりを迎えつつあるのだろうか? 不動産情報サイト「SUUMO」の「住みたい街ランキング 首都圏版」において、かつては1位の常連だった吉祥寺だが、現在は5年連続で横浜が首位を獲得しており、吉祥寺はもう5年もトップから遠ざかっているのだ。その背景には「若者人気の低下」などが囁かれているが、吉祥寺の街としての求心力は本当に下がってしまっているのだろうか。

 そこで今回は、不動産事業プロデューサーでオラガ総研代表の牧野知弘氏に話を聞き、「住みたい街ランキング」の実態や吉祥寺の求心力などについて解説してもらった。

イメージ先行で現実とは乖離しているケースもある

 まず、SUUMOの「住みたい街ランキング 首都圏版」は、どのような集計方法をとっているのか。

「このランキングはインターネットによるアンケート調査の結果を反映したもので、『住みたい街』と銘打たれていますが、実際は“住みたい駅”のランキングとなっています。対象となる駅は新幹線の単独駅である『本庄早稲田駅』を除く、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県にある駅。またアンケート対象者は東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県在住の20歳から49歳の男女となっています」(牧野氏)

 このランキングが「街の住みやすさやメリットで選ばれたランキング」ではない可能性に留意する必要があるという。

「5年連続で1位を獲得している横浜駅が顕著でしょう。横浜駅の周辺は、多くの人がイメージする華やかで歴史を感じる街としての横浜とは印象が異なるエリアです。多くの人がパッと思い浮かべる華やかな横浜は、みなとみらい駅周辺だと思うのですが、このランキングで横浜駅と答えた人のなかには、みなとみらい駅周辺をイメージしつつも『横浜』という単語に釣られて横浜駅と回答した方も多いのではないでしょうか。

 また、SUUMOはアンケートを集める際に、今後住んでみたいと思う街(駅)はどこですか、という聞き方をしているため、結果としてあがってくる街は1位の横浜駅のように、土地名の印象や、住めたらいいなという理想が投影されたものになりがちです。ですので、実際にその街に住むことを想定しているわけではなく、その駅周辺の実情を知らずに投票している人も多くいるかもしれません。そのため、家賃の安さや街の地域性などを細かく見たうえで出される“その街の住みやすさ・評価”とは異なるものとなっているでしょう」(同)

確かに変化は重ねているが「人気低迷」とはいえない

 では、吉祥寺駅が「住みたい街」として長年1位に選ばれてきた要因は何か。

RANKING

11:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合