NEW

サッカー日本代表、なぜ森保監督続投?外国人監督を招聘できない2つの消極的な理由

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
サッカー日本代表、なぜ森保監督続投?
森保ジャパン(「Getty Images」より)

 2022FIFAワールドカップ(W杯カタール大会)の熱狂から、およそ1カ月。4年後のアメリカ、カナダ、メキシコの北中米共同開催に向けて、日本サッカー協会から森保一監督の続投が発表された。

 森保ジャパンは大会前の下馬評を覆し、スペイン、ドイツという世界屈指の強豪国を撃破し、グループリーグを突破。批判が集まることが多かった森保監督にも一転して賛辞が集まり、“想定外”の続投が決定された。だが、この続投には少なからず賛否両論が集まっているのも現状だ。スポーツ紙のサッカー担当が次のように話す。

「W杯カタール大会の直前、一部の選手たちは『森保監督の戦術ではダメだ』と漏らすこともありました。それほど、メディアだけでなく選手たちも厳しい見方をしていたわけです。本大会で一定の結果が出たことは事実ですが、代表チームの戦術という点では、次のW杯に向けて森保監督に任せるには小さくない不安の声もあります。

 三笘薫を筆頭に代表選手個々のレベルが上がっているなか、日本の弱みは戦術面だという見方が強いからです。ベスト8という目標を考えた場合、カウンターだけではなく、さまざまな戦い方ができる多様性が必要となるでしょう」

 W杯カタール大会開催前からマルセロ・ビエルサ(アルゼンチン)やエルネスト・バルベルデ(スペイン)といった世界的な名将の名前が協会の招聘リストには挙がっていた。だが、一部報道によれば「オファーを断られた」という現実もあるようだ。なぜビッグネームの外国人監督は実現できなかったのか。前出の記者は、2つの理由があると指摘する。

「ひとつは、日本サッカー協会の収益悪化です。これまでは外国人監督にも魅力的なオファーを出せていましたが、現在の協会の財政状況はかなり厳しいのです。前回W杯が終わった2018年から赤字となり、21年は約28億円の赤字を計上し、22年にはその額が50億円近くに上るという見方もあります。実際、去年には協会の自社ビルを売却せざるを得ない状況にもなりました。要はビッグネームの外国人監督を呼ぶには予算が足りないわけです。

 協会にしても、単調なサッカーが目立つ森保ジャパンより、代表人気復活という本心でいうなら別の監督を呼びたいのが正直なところでしょう。ただし、そのための有効な手段はかなり限定的だったのが実情です」

 そんな財政状況を踏まえれば、収益化のためにどのような手立てを実行するかが肝要だろう。職員のフリーアドレス導入も含めた経費削減、W杯カタール大会での活躍を経て代表選手の露出増なども見込まれるが、現状では有効な手段は見つかっていない。そうなってくると、より一層スポンサーへの傾倒が強まるという見方が妥当だ。だが、その点も外国人監督招聘の一つのハードルとなったのではないかと、前出記者は懸念する。

「協会にとって苦い記憶なのが、ヴァイッド・ハリルホジッチ元監督をコントロールできなかったという過去です。協会の運営を考える際、アディダスとKIRINの両スポンサーの存在はとんでもなく大きい。今大会も、サポーターたちから指摘されていた『スポンサー枠』とおぼしき選手選出がありましたが、ハリルホジッチはそんな意向をあまり受け入れませんでした。外国人監督の場合、いわゆる“大人の事情”を加味できないことはままありますが、今その事態が起きることは避けたかったのでしょう。森保監督続投を読み解くと、協会にとって“聞き分けのよい”性格面も大きかったのではないかとみています」

 現在の日本サッカー界には、10代で海外に渡る選手たちも多く、彼らが中心となる可能性が高い次回W杯では、戦力的にみてベスト8に届くことがあってもおかしくはない。それを見越しても、日本の弱点ともいわれる戦術面をカバーできる人材を配置したかった、という意見ももっともだろう。すでにスポーツメディアの間では「続投は消極的な選択でしかない」「また4年間、面白みの少ないサッカーを見せられるのか」と悲観的な声もあるという。

 サッカー協会の姿勢と真価が問われる次のW杯への船出は、すでに始まっている。

(文=Business Journal編集部)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

サッカー日本代表、なぜ森保監督続投?外国人監督を招聘できない2つの消極的な理由のページです。ビジネスジャーナルは、芸能・エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

23:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合