NEW

ぼくらはあの頃、アツかった。『鉄火場だった頃のホール』を懐かしむ中年による回顧録が、今始まる!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ashino.jpg

 学生時分の話である。当時通っていた大学のゼミでの事だ。講義の最中、准教授のMさんという人が突如、こんな話をし始めた。

 余談ですが──という一言から始まったそれを、今でも筆者は鮮烈に覚えている。

「余談ですが、みなさんはパチスロというのをご存知でしょうか。私は今、花火というパチスロに猛烈にハマっておりまして。あまりこういう場所で言うべき事でもないのですが、今この瞬間にも、ドンちゃんを揃えたくて仕方ありません。この辺に良いホールがあったらぜひ私に教えてください」

 話を放り込んだ意図は全く不明だが、まあ准教授とは言え年の頃は30とかその辺なので、単に若気の至りだったのだろう。だがその若気の至りの余波は、それよりもっと若かった当時の筆者にはクリティカルに響いた。

 それまで筆者の中ではマイナーなサブカルの一つに過ぎなかったパチンコ・パチスロが、アカデミックなお墨付きを得た瞬間だった。その翌日だ。筆者は人生で初めて自らの意志でホールへと向かい、そして初めて自分のお金でパチンコを打った。

 長きに渡る闘争のはじまりである。

一発目に権利物。

 筆者が初めて打ったパチンコ。それは『ギンギラパラダイス』であった。

 厳密にいうとその前に『電車でGO!』か何かをチョロっと打った気がするが、初めて大当たりを引いたという意味ではギンパラが初だったと思う。「権利物」という、初心者が打つにはやや複雑なシステムを備えた台だった。

 当時のホールは今ほどルーキーに優しくなく、インストカードなどの類は一切置いてなかった。当たった瞬間、何をすれば良いのか全く分からず、筆者はとりあえず通路脇に控えた店員さんに向かって手を上げた。挙手である。困ったら挙手。筆者は優等生であった。

 面倒くさそうにやってきた店員さんはパンチのオヤジで、完全にあっちの世界の人に見えた。

──これ、どうすれば良いのでしょうか。

 恐る恐る尋ねると、パンチは頷いて『ハンドルを右に』と言った。言われた通り右に回すと、玉が凄い勢いで撃ちだされ、ぐるぐる廻る役物に吸い込まれて行く。役物の回転に併せて玉が巡り、上部に取り付けられた穴に入ると、画面下部の入賞口が開いた。

 刹那、猛烈な勢いで出玉が払い出される。あっという間に下皿に玉が溜まった。あわあわと慌てる筆者の様子を見て、パンチが左側からそっと手を伸ばし、優しく下皿の玉を抜いてくれた。

 何度か繰り返し、いよいよ箱が一杯になりそうになると、今度はパンチが無言で空の箱を差し出してくれた。パンチが箱を床に下ろし、持たされた空箱を空いたスペースに置く。スムーズな箱移動に「なるほど」と膝を打った。

──後二回当たるから。

 簡潔な説明に半信半疑ながらも頷いた。その後、言われた通り二回当たった。

 パンチは大当たり消化中、ずっと腕を組んで真後ろに立ってくれており、あろうことかその後の交換の手順も全部マンツーで教えてくれた。権利物の仕組み。一回交換の概念。出玉のカウントから交換まで。すべてパンチのおじさんから学んだ事である。

 彼はとても優しい人だった。不言実行。沈黙は金。雄弁は銀。寡黙な昭和の男であったのだ。見た目で損する事もあるだろうが、どうか満ち足りた人生を歩んでほしいと思った。

 記念すべきデビュー戦。負ける気満々で打ったものの、結果は黒字だった。体感時間は10分かそこらだったが、店を出て車に戻り時計を見ると、1時間近くが経過していて驚いた。

 ハンドルを握り家路へと向かう道すがら『ファミコンショップ』というそのままの名前のゲーム屋に寄り、浮いたお金でセガの『ドリームキャスト』の中古を買った。なんというか、狐につままれたような気分だった。

ぼくらはあの頃、アツかった。『鉄火場だった頃のホール』を懐かしむ中年による回顧録が、今始まる!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事