NEW

ゴールドアクター、見せつけろ「怪物」の血! 最強モーリスに続き、スクリーンヒーローの血族がジャパンCで猛威を振るう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
go-rudoakuta-xs.jpg競馬つらつらより」

 ジャパンC(G1)で人気の一角を占めるグランプリホース・ゴールドアクター(牡5 美浦・中川厩舎)。昨年は怒涛の連勝で有馬記念まで制覇したが、今週は父スクリーンヒーローが制したジャパンC(G1)で親子制覇を狙う。

 生産北勝ファーム、父スクリーンヒーローも同馬が生まれた当初は期待された種牡馬ではなく、母方にも特段の活躍馬はいないなど、かなり地味な出自だった。そんな中で現役を代表する1頭にまで駆け上がったのだから、やはり競馬にはロマンがある。

 すでに重賞は4勝。春に挑戦した天皇賞・春は状態もあって惨敗したが、秋初戦のオールカマーはさすがと思わせる強さだった。東京コースは昨年アルゼンチン共和国杯を制した舞台でもあり、不安はない。戴冠の可能性も十分と言える。

 10月には、同じスクリーンヒーロー産駒であるモーリスが天皇賞・秋を制覇している。ジャパンCをゴールドアクターが勝利すれば、古馬チャンピオンディスタンスをスクリーンヒーロー産駒が「連勝」することになる。リーディングサイアーであるディープインパクトやキングカメハメハ産駒を差し置いて勝利を実現すれば、自身のみならず父の名声もますます強まることとなるだろう。

 考えてみれば、昨年も競馬界は「スクリーンヒーローの年」だった。国内外G1競走を3勝したモーリスは見事年度代表馬となり、年末のグランプリはゴールドアクターが締めた。今年もこの2頭が競馬界を制圧する可能性も十分にある。

ゴールドアクター、見せつけろ「怪物」の血! 最強モーリスに続き、スクリーンヒーローの血族がジャパンCで猛威を振るうのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!