NEW

超難関国家資格に合格したのに、なぜ競馬評論家に?低資金で高収益を上げる究極理論!

【この記事のキーワード】, ,
bakenshi01.jpgこんな職業があったとは

これが現代の馬券術

 世の中には、さまざまな職業がある。公務員、サラリーマン、農家、野球選手……。それぞれに個性があり、報酬も天と地ほどの差がある。そんななかで今、一部の競馬ファンから注目されている職業がある。それが「競馬評論家」だ。

 競馬評論家といっても多種多様で、スポーツ紙や競馬専門誌に務めているサラリーマン予想家もいれば、フリーで自らの予想力一本で勝負している予想家もいる。それは大手芸能事務所に所属するタレントと、個人事務所で活動するタレントのような違いがあるといえよう。

 一般的にサラリーマン予想家は結果が伴わなくても責任を問われることはなく、極端な言い方をすれば予想の質が悪くても規定の給料が出るわけで、その予想に緊張感は感じられないのが現実だ。しかし、フリーで活動するプロ予想家はそうはいかない。彼らの予想には常に結果と内容が問われ、成績が悪くファンの支持を得られなければ淘汰されていくからだ。

 そんな厳しい世界で今、もっとも注目されている競馬評論家がいる、それが新進気鋭の血統評論家・境和樹氏だ。境氏は司法書士試験に合格した実績がある、競馬業界屈指の頭脳を持つ人物。司法書士試験は、国家試験のなかでも最難関といわれるもので、倍率にして約40倍、つまり受験者1万人に対し250名ほどしか合格できない狭き門である。

その司法書士試験に合格できるほどの頭脳を持つ予想家は多くないだろう。競馬が趣味で、そのまま競馬の仕事に就いたというような競馬評論家のなかには、ほとんど見当たらないだろう。

 しかし、境氏はあえて司法書士にはならず、競馬評論家への道を選んだというのが面白い。競馬評論家のなかでも、特に競走馬の血統を重視する「血統評論家」となって、さまざまなメディアで取り上げられ、執筆した競馬書籍はベストセラーを記録するなど、まさに今一番勢いに乗り注目されている。

超難関国家資格に合格したのに、なぜ競馬評論家に?低資金で高収益を上げる究極理論!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?