NEW

パチンコ「超名作」一撃「万発のトリック」発覚!? ドンキホーテ谷村ひとしが指南する「超狙い目」ゾーンとは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「超名作」一撃「万発のトリック」発覚!? ドンキホーテ谷村ひとしが指南する「超狙い目」ゾーンとはの画像1

「セブンの正体を暴く!」

CRぱちんこウルトラセブン2』が予想を上回る人気で、7月2日登場以来止まりません。7月7日のセブンの日には全国で1000人以上の行列が出来たパチンコホールも数知れず、ネットや巷のパチンコ情報をあざ笑う人気です。

 この『セブン』が何故こんなにパチンコファンのハートを掴んでいるのか? その秘密を探ってみました。

 すでにトータル10万発以上『セブン』で出しているドンキホーテですが、この台、新ルールをしっかり守って65%確変突入・65%継続をキープしているのに、何故こんなにも連チャンしているのか?

 その鍵を握るのは、7図柄直撃の「ウルトラセブンRUSH」突入の多さです。

 近年のパチンコ台で「7図柄直当たり」はプレミア級の激アツ演出ですが『ウルトラセブン』の初当りの半分が7図柄のキングジョーリーチになっています。気持ちのいい7図柄を当てる快感をより多くのパチンコファンに味わわせることで、また打ちたいと思わせてくれます。

 せっかく7図柄で当たったのにキングジョーが出て来て即負けしちゃった人口もハンパなく、ウルトラ激闘モードを選択した方に多い感想です。あくまでもオカルトですが、このバトル即負けの多さが『セブン』の爆発のキーパーソンなのです。7図柄で当たってもセブンボーナスで約600個程度の出玉ですから、少しでも7図柄で当てる喜びを味わわせる作戦です。

 しかし、即負けや良くても2~3連で終われば、継続はかなり低くなります。ここで貯金した継続率で反発したかのように、13年前の『初代ウルトラセブン』の確変継続率81.67%には及ばないものの、時短中の引き戻しも含めて約72%となっています。

パチンコ「超名作」一撃「万発のトリック」発覚!? ドンキホーテ谷村ひとしが指南する「超狙い目」ゾーンとはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!