GJ > 競馬 > 川田将雅「100%」継続中  > 2ページ目
NEW

JRA武豊より川田将雅が「秋G1」で美味すぎる!?”外国人旋風”が吹き荒れる中、馬券圏内「100%」継続中の安定感

【この記事のキーワード】

, , ,


 秋G1の開幕を告げるスプリンターS(G1)を1番人気のファインニードルで勝利して重責を果たすと、続く秋華賞でも5番人気のミッキーチャームで2着を確保。今年の牝馬三冠はアーモンドアイとルメール騎手の独壇場だったが、実は川田騎手もリリーノーブルとミッキーチャームで3着、2着、2着。馬券はこの2人を買っていればよかった。

 さらに天皇賞・秋でも6番人気のキセキで3着、先週のマイルCSでも4番人気のアルアインで3着を確保するなど、G1の大舞台でしっかりと結果を残している。

 そして何よりも特筆すべきは、この秋のG1で川田騎手はこの4レースにしか騎乗していないという点だ。つまり、G1での馬券圏内率は脅威の「100%」を継続中である。

「武豊騎手や福永騎手に比べると全国的な知名度は劣りますが、今日本人騎手で一番”乗れている”のは間違いなく川田騎手ですよ。外国人騎手の大活躍の影に隠れる格好で目立ってはいませんが、日本人騎手の間では”川田時代”が到来していると思いますね。ノーザンファームを筆頭とした社台グループの信頼も厚いため、騎乗馬にも恵まれています。

実際に100戦以上騎乗している騎手の中では、勝率、連対率、3着以内率ともに日本人騎手で最高の成績。特に最近のキセキやアルアインのように、強力な先行馬に騎乗した際の安定感は特筆ものですね。まだそこまで川田人気が注目されているわけではないですし、馬券的にも美味しい騎手ですよ」(競馬記者)

 確かにここ1年を振り返っても、G1で人気を裏切ったのは今年の日本ダービー(G1)で1番人気だったダノンプレミアムと、翌週の安田記念(G1)で2番人気だったペルシアンナイトの2回のみ。

JRA武豊より川田将雅が「秋G1」で美味すぎる!?”外国人旋風”が吹き荒れる中、馬券圏内「100%」継続中の安定感のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!