NEW

武豊「今週5勝」大爆発で200勝ペース! 藤田菜七子とのフェブラリーS”前哨戦”制しリーディング奪回へ視界良好!

【この記事のキーワード】, ,
武豊「今週5勝」大爆発で200勝ペース! 藤田菜七子とのフェブラリーS前哨戦制しリーディング奪回へ視界良好!の画像1

 前日に3勝を積み重ねてリーディング2位に浮上した武豊騎手が3日、この日も2勝を積み上げる好調ぶり。今週5勝の固め打ちで2008年以来、11年ぶりのリーディング奪還に向け、まずは視界良好だ。

 競馬界の大スターが止まらない。年明けの金杯開催で6勝を上げてリーディングトップに立つなど、絶好のスタートを切った武豊騎手だが、その後も順調に勝ち星を伸ばし、現在すでに16勝。ふた桁勝利に終わったここ数年を大きく上回るペースで勝ち星を量産している。

 特にシャドウノエルで今週2勝目を上げた中京9R(500万下)では、最後の直線で一度は抜け出した藤田菜七子騎手のアラスカノオーロラを、馬群を縫うようにしてクビ差の差し切り勝ち。フェブラリーSでのG1初参戦が決まって勢いに乗る競馬界のヒロインに、勝負の厳しさを改めて見せつけた格好だ。

「普段から気に掛けている藤田菜七子騎手の勝ち星を奪うことになってしまいましたが、これも勝負の世界ですからね。

それにフェブラリーSの有力馬インティに騎乗する武豊騎手にとって、同じく有力馬のコパノキッキングに騎乗が決まっている菜七子騎手は、いわば今年最初のJRA・G1の覇権を懸けたライバル。菜七子騎手が比較的ローカルに回ることが多いので、2人の直接対決はあまり多くありませんが、まずは武豊騎手が”前哨戦”を制した格好になりました」(競馬記者)

武豊「今週5勝」大爆発で200勝ペース! 藤田菜七子とのフェブラリーS”前哨戦”制しリーディング奪回へ視界良好!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
2ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
3武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
4JRA 池添謙一「世知辛い時代」自身も経験した悪夢、セリフォス降板を告げられた後輩に「もっともっと上手くなろう。頑張ろう」
5ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
6「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
7ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
8秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたち
9「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?
10年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?