NEW

JRA藤田菜七子に「辛口」藤田伸二氏。基本的には「誰にでも」なので……

【この記事のキーワード】, ,
JRA藤田菜七子に「辛口」藤田伸二氏。基本的には「誰にでも」なので......の画像1

 18日のフェブラリーS(G1)は武豊騎手のインティが7連勝でG1初戴冠。はじめてのG1騎乗で注目された藤田菜七子騎手のコパノキッキング(セ4歳、栗東・村山明厩舎)は、最後方から脚を伸ばして5着に食い込んでみせた。

 前走で騎乗したO.マーフィー騎手が『(マイルは)NO』と指摘した距離限界、さらには自身の経験不足など不安材料は多かったものの、フタを開けてみれば掲示板はしっかり確保。菜々子騎手とコパノキッキングにとって上々の結果に終わったとみてもいいだろう。

 レース後、菜々子騎手には多くの関係者たちから賛辞が寄せられた。だが、普段は辛口で知られる元JRA騎手の藤田伸二氏だけは、相変わらず彼女の騎乗に対して手厳しいエールを送っている。

 藤田氏は自身のTwitterで、「距離が長いと思われてるのは事実! だが豊さんがハナに行く事は分かってたはずでスローも読んでたはず!で、あの位置取り…」と綴り、続けて「良いスタートを切ってるんやし、わざわざ下げる必要は無かった気がするな。そこが残念…」とチクリ。だが、「でも1つ! マイルでもやれそうなキッカケを作ったのは彼女やな」とレースを振り返った。

JRA藤田菜七子に「辛口」藤田伸二氏。基本的には「誰にでも」なので……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  4. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  5. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  6. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?
  7. JRA戸崎圭太「約10億円」超豪華な裏切り、全10鞍で未勝利、人気以上の着順ナシ、馬券圏内わずか1回
  8. JRA川田将雅「鬼タックル」で武豊撃破!? G1級のお株奪われたトゥデイイズザデイ、3連単は「史上最低」270円
  9. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  10. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節