新聞の最新ニュース記事 まとめ

(104件)

新聞社「押し紙」訴訟、販売店勝訴の画期的判決…業界の発行部数“水増し”が浮き彫り

新聞販売店にはそれぞれの配達エリアがあり、毎日配達する部数さえあればよいはずだ...

NEW

【タワマン】高層階でも宅配便は部屋まで届けてくれるの?新聞はどうなの?

なにかとディスられがちなタワーマンション(タワマン)。ネットではデメリットばか...

NEW

安住淳議員、新聞「くず」批評で小学生並みの言い訳…政治家として致命的な欠点を露呈

「これ以上の墓穴掘りはない」――そう感じたのは私だけだろうか。立憲民主党の安住...

NEW

軽減税率対象の新聞、消費増税便乗で“こっそり値上げ”の不可解な論理

1日から消費税が10パーセントになった。テイクアウトか、イートインかでコンビニ...

NEW

消費増税の軽減税率、「新聞は対象」「オムツや生理用品は対象外」に国民が気づき物議

21日に投開票された第25回参院選で自民・公明の与党が改選過半数の63を上回る...

NEW

新聞社、「押し紙」隠蔽の実態…販売店の申告を公取委は無視、是正なら新聞業界再編も

5月8日付記事『新聞社の「押し紙」、公取委が放置で販売店を見殺しに…部数水増し...

NEW

新聞社の「押し紙」、公取委が放置で販売店を見殺しに…部数水増しなら詐欺行為

昨今、新聞社の新聞販売店(以下、販売店)に対する「押し紙」が問題になっている。...

NEW

日本メディアはスルーする、海外メディアが報じる「日本のおかしさ」

大阪府立懐風館高校で起こった「髪染め問題」、日本の歴史修正主義の動き、安倍政権...

NEW

新聞、最大のタブー「残紙」訴訟本格化で業界存亡の危機か…弁護士らが反対運動を展開

「フェイクニュース」「オルタナティブ・ファクト」「ポスト・トゥルース」――。昨...

NEW

池上彰と佐藤優が教える、新聞・雑誌・ネット、それぞれの最強インプット

知識がないのに知ったかぶりをしている人に、偏った情報に凝り固まった人。こういっ...

NEW

新聞業界崩壊の危機?詐欺的行為「押し紙」に国がメス!不当な方法で巨額の広告収入

本連載前回記事では、アメリカ大統領選挙の情勢とともに、「オールドメディア」や「...

NEW

新聞は軽減税率、ケータイ代や公共料金には高い消費税率…新聞は国民に必須、は本当か?

軽減税率の対象品目について、酒類を除く食品が8%、外食は10%と線引きされた。...

NEW

おかしくないか?軽減税率を外食には適用せずに、なぜ新聞には適用?理解不能…

1カ月当たり75円。食品(酒類及び外食を除く)と共に軽減税率の対象となった新聞...

NEW

国会議員の平均報酬5千万!を報じないメディア、国と癒着し多大な便宜を受ける実態

安倍晋三首相の応援団ともいわれる自民党若手議員の勉強会において、「マスコミを懲...

NEW

バブルのニュースアプリは“ただ乗り”?大量資金投入も、継続可能性に疑念の見方も

「週刊東洋経済」(東洋経済新報社/10月11日号)は『新聞・テレビ動乱』という...

NEW

日本の報道自由度は世界42位、なぜ日本メディアは異質なのか?海外から改善勧告も

4月、第98回ピュリツァー賞が発表され、公益部門で米国家安全保障局(NSA)の...

NEW

腐敗が進む巨大新聞社、失われるジャーナリズム、堕落する社員、政府と癒着…

翌週、日本ジャーナリズム研究所首席研究員の深井宣光は気が重かった。できれば、資...

NEW

大新聞2社の社長不倫問題、暴露記事掲載の写真週刊誌を名誉毀損で提訴

“開かずの間”と陰口をたたかれている、「大都タワービル」最上階の25階の貴賓室...

NEW

大手新聞2社、社長の不倫を暴露した週刊誌を提訴~水面下で合併交渉再開

日本ジャーナリズム研究所会長の太郎丸嘉一が首席研究員の深井宣光と吉須晃人二人を...

NEW

“新聞業界のドン”が自らジャーナリズムの手足を縛った2つの裁判とは…

「それはあるよ。でもな…」日本ジャーナリズム研究所首席研究員深井宣光の素早い反...

NEW

腐敗する巨大新聞社の社長追放計画、次の狙いは二股不倫の一方からの激白?

「すげの」の若女将が三人分の鰻重、肝吸い、香の物を盆に載せ、2階に運んできた。...

NEW

大新聞の社長追放作戦は失敗?写真週刊誌に不倫暴露の効果は未知数、次の手も用意

日本ジャーナリズム研究所首席研究員の吉須晃人と深井宣光の二人が「すげの」に着い...

NEW

巨大新聞2社経営陣追放計画は空振りか!? 不倫暴露記事に対して「名誉毀損」で対抗

大都の北川常夫、日亜の小山成雄の二人が昼食を取ったのは品川駅前の高層ホテルのレ...

NEW

大震災の影響で合併はご破算?~社長の不倫スキャンダルの対応に追われる巨大新聞社

「…。ええ、雑誌が手に入った土曜日(5月28日)の夜から法務室の方で検討させて...

NEW

社長も編集長も不倫まみれの巨大新聞社、刷新なるか!?~いよいよ週刊誌暴露へ

「『深層キャッチ』に載りよる。今頃は写真も原稿も出稿されちょるはずじゃ。5ペー...

NEW

大震災の余韻が消えない中、不倫暴露作戦決行~“無名”な新聞社社長に注目を集められるか?

5月26日、木曜日は大地震からちょうど76日目だった。曇天だったが、午後には南...

NEW

大地震の直後でも接待ゴルフに興じる巨大新聞社社長~不倫暴露で追放できるか?

「それなら、少し聞いてもいいですか」太郎丸嘉一が頷くのを見て、深井宣光は改まっ...

NEW

巨大新聞2社が合併か?“新聞業界のドン”のもとに二重スパイから情報提供

太郎丸嘉一は弁当に箸をつけながら、語り出した。「あのな、日亜サイドは『あいつ(...

NEW

複数の愛人を持つ巨大新聞社社長、スキャンダルを暴露して追放できるか?

「わかっちょる。それはこれから話しよるつもりじゃ」むっとした顔つきになった太郎...

NEW

巨大新聞社社長の不倫暴露作戦、いよいよ始動~新聞業界のドン、2カ月の沈黙を破る

日本ジャーナリズム研究所首席研究員の吉須晃人と深井宣光の二人が食事を終えたのを...

NEW

大地震後に自社からボランティアは出さず、説教だけはする巨大新聞社

料理人は最初に茄子と南瓜を焼き終わり、大皿に綺麗に盛ると、日本ジャーナリズム研...

NEW

中断していた巨大新聞2社トップの不倫暴露作戦再開~“新聞業界のドン”からの呼び出し

日本ジャーナリズム研究所会長の太郎丸嘉一から、首席研究員の深井宣光の携帯電話に...

NEW

東電に骨抜きにされるメディアと政治家~高級料亭接待、パーティー券購入…体験者が明かす

原発再稼働を訴える甘利明経済再生相のパーティー券を、2006年に甘利氏が経済産...

NEW

巨大地震の発生、不倫暴露作戦は棚上げ~ジャーナリストの血が“新聞業界のドン”を動かす

「深井(宣光)君、わしじゃ。今、少しええかいのう」「ああ、(太郎丸嘉一)会長で...

NEW

擦り寄る腐敗した巨大新聞2社~“新聞業界のドン”による掃討作戦はどうなる?

4日後である。清々しい晴天だった。前日は弱い北風が吹き、肌寒い日だったが、その...

NEW

腐敗の元凶、巨大新聞2社の社長を引きずり下ろす~新聞業界のドン、勝負は株主総会

太郎丸嘉一は一呼吸置いて、答えた。「『リバーサイドホテル』と『シスレー・タワー...

NEW

大手新聞2社の社長の不倫証拠写真、“新聞業界のドン”が探偵使い入手し公表間近

吉須晃人も気後れするような男ではない。太郎丸嘉一の発言を逆手に取った。「特定し...

NEW

【新保信長】猪瀬氏も真っ青!? 芸能人のサイン偽造の珍事件

最近一番の脱力ニュースといえば、そりゃもう猪瀬都知事の借用書だ。紙っぺらに金額...

NEW

“新聞業界のドン”動く!堕落の巣窟となった巨大新聞社、悪の元凶追放への秘策とは?

吉須晃人が苦笑いしながら、「すげの」の若女将を見つめた。「…お主たち、顔見知り...

NEW

害悪を撒き散らす新聞業界のエゴ~日本の会社制度の根幹を揺るがし、自分たちは不当利得

持株会社には2種類ある。一つは事業持株会社で、自社の本業をもちながら、そのかた...

NEW

JR北海道下請けのトンデモ犯行『ダイヤが乱れれば休めると思った』

車両火災やレール異常など、トラブル続きで管理体制の不備が問われているJR北海道...

NEW

株式売買価格を固定する“傲慢経営”の巨大新聞社~天然記念物的閉鎖性が堕落を生んだ

太郎丸嘉一が酒を注ぎながら吉須晃人、深井宣光の二人を交々見つめると、深井が改ま...

NEW

巨額の“不当利得”、高給を食み、堕落の一途をたどった巨大新聞社が、今は経営難に…

深井宣光がジャーナリズム史の研究を進める過程で身につけた新聞の定価決定のメカニ...

NEW

談合で価格決定、不当利得の新聞業界~過小資本で経営の傾いた巨大新聞社に税金投入?

太郎丸嘉一は前のめりになった吉須晃人を制するように手を挙げた。「まあ、わしの話...

NEW

もはや言論人は存在しない巨大新聞社…唯一の例外“新聞業界のドン”は政界のフィクサー

「まあ、待てや。わしの話を聞け。わしは、これからジャーナリズムを殺さんためにじ...

NEW

販売出身者はゴミのような扱い、無能な記者が牛耳る巨大新聞社

東京駅前、五稜ビル34階の「吉祥(きっしょう)」は、京都にある懐石料理の老舗の...

NEW

若気の過ちで若いホステスを孕ませた巨大新聞元社長、部下を使ってカネで解決?

深井宣光と吉須晃人が東京駅前の五稜ビルの1階エントランスで落ち合ったのは、月曜...

NEW

女性問題の絶えない巨大新聞社長 奥さんが怒鳴り込む、愛人を“スパイ”として使う…

吉須晃人は昭和48(1973)年入社で、村尾倫郎の3年下だった。50年春に通産...

NEW

複数の愛人を抱える巨大新聞社長、女たらしの面目躍如 奥さんが怒鳴り込んできたことも…

白焼きを口に運びながら考え込むような趣だった深井宣光が、急に箸を止めた。「さっ...

NEW

週刊朝日編集長の「セクハラ懲戒解雇」から透ける、朝日新聞の内部崩壊

「週刊朝日」(朝日新聞出版)の小境郁也編集長が、10月8日付で懲戒解雇された。...

NEW