NEW
FBIを偽装した「警告」も…

脅迫スパムメールが勝手にデータを改ざんし、身代金を要求!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このように、ランサムウエアは、被害者のコンピュータを人質にしているが、一方で、被害者本人の命を狙った手口も過去には報告されている。「『プロの殺し屋』に殺されたくなければお金を払え」という、驚きのスパムメール(迷惑メール)だ。

 セキュリティ企業のソフォスのブログによれば、2007年に発見された脅迫スパムメールには、「殺し屋が10日間おまえを狙っている。8万ドル(約640万円)払えば、殺しをやめてやる。警察には知らせるな」という内容が書かれていた。このような脅迫スパムメールが来た場合には、その内容がどんなものであろうと、相手にしないことが得策である。
宮島理

『キヤノン インクタンク』


プリンタのインクがすぐ切れるのもスパムのせい!

amazon_associate_logo.jpg

脅迫スパムメールが勝手にデータを改ざんし、身代金を要求!のページです。ビジネスジャーナルは、IT、ITスパム詐欺の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!