NEW
自宅/会社のPCやケータイなど論外

逮捕もされない!?ネット犯罪予告で成功する方法とは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「警視庁HP」より
 こんにちは。江端智一と申します。ITネットワーク関係の仕事で食べているエンジニアです。このたび、技術ネタで書かせていただくことになりました。よろしくお願い致します。

 最近、ネット掲示板に犯罪予告を書き込んだ犯人が逮捕されるニュースが、頻繁に報じられています。私は、このようなことを行う理由には3つあるのではと考えています。

 (1)本気で犯罪を行い、逮捕されても構わないと考えている
 (2)このような書き込みを、洒落(しゃれ)で笑ってもらえると考えている
 (3)ネットワークでは本人を特定できないと考えている

 さて、今回は上記(1)(2)に関してはスコープ外として、(3)に関して、「ネットワークで本人が特定できないようにする方法」について検討してみたいと思います。

 ただし、この検討に際しては、以下を前提条件とします

 (1)犯罪予告の書き込みは、刑法222条の脅迫罪の対象となり、警察は捜査を開始できます。
 (2)警察は、その公権力を根拠に、電話会社やインターネットプロバイダに顧客情報の開示を命令できます。

<方法1:自宅/大学/会社のパソコンから書き込む>

 論外です。

 あなたやあなたの属する組織が、インターネットプロバイダと契約をしている以上、プロバイダは警察に対して、あなたの家や組織のホームルータのIPアドレスと、顧客情報を渡して、警察は契約時のあなたの住所等を特定します。1~2時間もあれば足りるでしょう。

 あとは、書き込みの行われた時刻と、通信パケットの流れた時刻を照合し、パソコンに書き込みのログが残っていれば、物証も完璧。大学や会社では、すべての通信ログを記録するのが一般的です。裁判では、あなたの有罪判決は揺るがないでしょう。

<方法2:携帯電話から書き込む>

 これは、方法1よりもさらに簡単に特定できます。携帯電話の機種番号と、携帯会社があなたの携帯に付与しているIPアドレスを照合すれば足りるからです。

<方法3:ノートPCを使って、自宅以外の場所から書き込む>

 仮に、プロバイダにアクセスする場合、ログイン認証を行っていれば、アクセスログが残りますので、本人が特定できるに決まっています。「私が犯人です。私バカです」と言っているとしか思えません。

 うーむ、これでは、「世間を騒がして楽しみたい」というあなたの目的を、満足させることができません。この辺から、そろそろ本気を出して検討してみましょう。