NEW

地方の24歳シングルマザーは、なぜ東京で起業し、年収1400万円を実現できたのか?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社CREATO社長の金田貴子氏(撮影=名和真紀子)
「中小企業挑戦支援法」が施行され、資本金が1円でも起業できるようになった2003年から10年がたち、女性の独立起業を支援する企業も増え、メディアなどでも「女性の起業」がクローズアップされることが多くなった。


 そこで今回は、24歳で離婚しシングルマザーとなったのち、個人事業としてファインメイクサロンを岡山県で開業し、事業を軌道に乗せ、3年半前に上京して法人化させたことで現在は年収1400万円となった株式会社CREATO社長、金田貴子氏に、

「ゼロから起業し、成功した秘訣とは?」
「企業経営にとって一番大切なのは、家族を大切にすること?」
「働く時間と収入増は比例関係にはない?」
「妄想をかき立てることで仕事をうまくいかせることができる?」
「シングルマザーが豊かな人生を送るためには?」

などについて聞いた。

--まず、起業されたきっかけを教えてください。

金田貴子氏(以下、金田) 21歳で結婚し、24歳で離婚した時、今後は両親にお世話になるのではなく、自立した女性になっていきたい、そしてしっかりと娘を育てたいと思い、職探しを始めました。しかし、どの企業でも「子供の体調などで急に休んだり、早退されるのはちょっと困るから」と、採用してくれるところは皆無でした。また、当時一般職の給料は岡山県では13万円くらいが相場で、その給料で娘を育てていくのはかなり苦しい。シングルマザーで子育てをしながら就職して働くことは時間的にも、経済的にも難しいという現実に直面し、「もっと時間的にも、経済的にもゆとりを持って豊かな生活を送りたいなら、自分で何かを始めるしかない」と思いました。

 起業して頑張れば収入は青天井といっても、うまくいかなければ収入がゼロということもあるわけですが、当時は「もし稼げなかったらどうしよう」とネガティブには考えず、とにかく前を向いて進むしかないと思っていました。そして、 生活のため、生きるためというとても現実的な理由で、ファインメイクサロンを開業したわけです。

--いきなりゼロからの起業は、大変だったのではないでしょうか?

金田 たしかに大変でした。安直に何かを始めようと考えたわけではないのです。実は、父は建設会社を、母は飲食店を経営しており、身近に経営者が2人もいる家庭で育ったため、私自身はそれまで経営について勉強したことはありませんでしたが、事業をするということはどういうことか、会社経営とはどういうものか、そういうことを小さい時から肌で感じていました。

--ご両親も応援してくれたのですか?

金田 いいえ。父親は大反対でした。父には、「税理士の資格を取って実家の会社で働くのはどうだろうか。子育て優先で働けば良い」と言われましたが、デスクワークの仕事よりも、大好きな美容を通してお客様と接する仕事をやってみたいと思ったのです。

 実は結婚を決めた時も両親には最初反対されました。土地柄でしょうか、19歳や20歳で結婚する友達が多く、私は、早く結婚して若いママになりたいという思いがとても強かったのです。若いパパとママ、そして生まれたばかりの赤ちゃんがいる、そういう本当に絵に描いたような幸せな光景を見て、とてもうらやましく感じていました。そこで、2~3年交際していた彼との結婚を決意して両親に話したところ、「お互いにまだ若いし、もう少し社会経験を積んでからでもいいんじゃないか」と言われました。でも若さゆえの勢いで「大丈夫です!」と両親を説得して結婚し、22歳の時に娘を出産しました。

 しかし、24歳のときに離婚しました。先ほども言ったように、若いママになりたくて結婚したわけで、本来結婚とはスタートなのに、私にとってはそこがゴールになっていたということです。ですから、結婚したことで一番大きな願いがかなってしまい、結婚の先にある家族3人の未来を思い描くことができなかったわけです。そして、このまま結婚生活を続けていてもお互いに幸せなのか、このままの人生で終わってしまっていいのかと考えるようになり、夫と話し合った末、シングルマザーとして生きていくことを決意しました。

--自宅サロンの開業の時には、どのような苦労をされましたか?

金田 紆余曲折いろいろありました。離婚して半年後には個人事業でサロンをはじめていました。しかし、開業まで順調に進んだかというとまったくそうではありませんでした。先ほどもお伝えしたように、父の猛反対がありました。父は「ファインメイク」という美容技術もビジネスモデルも知らなかったので、幼い子供を一人で育てながら、そのような仕事で生活を成り立たせるのは難しいと感じたようでした。当時はものすごい剣幕で反対されました。