NEW

フジ月九『失ショコ』“ビジネス”がブーム?着用ファッションや関連商品で売り切れ続出

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『失恋ショコラティエ』公式サイト(「フジテレビ HP」より)
 今クール(1~3月期)の連続テレビドラマで、若者の恋愛を描く『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系/毎週月曜夜9時放送)が、すでに放送された第1話(1月13日)~第5話(2月10日)の全話で平均視聴率2桁台(ビデオリサーチ調べ/関東地区、全話平均視聴率12.6%)をキープし好調だ。


 松本潤(アイドルグループ・)演じる小動爽太が、石原さとみ演じる高橋紗絵子に失恋した悔しさをバネにフランスの有名ショコラ店で修業を積み、頭角を現し一躍有名になるという設定からスタート。そして爽太が自身の店をオープンするため日本に帰国すると「チョコレート王子」としてメディアで人気者となり、すでに別の男性と婚約している紗絵子がその活躍ぶりを知り、爽太の前に現れる。その後は爽太と紗絵子がお互いの気を引こうとかけひきを展開するがすれ違い、そこにモデルの加藤えれな(水原希子)、爽太に片思いする薫子(水川あさみ)、爽太の妹・まつり(有村架純)に片思いするオリヴィエ(溝端淳平)、そして同性の爽太に恋愛感情を抱く有名ショコラティエ・六道誠之助(佐藤隆太)らの織りなす複雑な恋愛関係がからまっていくという、いわゆる“フジ月九ドラマ”の王道である本格的ラブストーリーだ。

 放送開始から間もなく、一部インターネット上では「ショコ潤の興奮が収まらず」「このドラマのおかげで 大嫌いな冬を乗り越えられる」「中年の私を癒してくれる」などと話題を呼び、当サイトの調査でも幅広い年代で視聴者を獲得している様子もうかがえ、「今期ドラマの視聴者満足度1位」との呼び声も高い。

 そんな同ドラマの人気から火がつき、出演者が劇中で身に着けているアイテムの売り上げが伸びたり、関連商品が多数発売されるという現象も起きているという。
 
 特に、石原さとみ演じる紗絵子が同ドラマ内で身に着けている“小悪魔女子ファッション”やアイテムが女性たちの間で話題となり、ドラマ放送直後から売り切れや緊急再生産による入荷待ちが続出する「紗絵子ファッションアイテム争奪戦」現象が起きているようだ。例として現時点(2月13日)で売り切れとなっている商品を挙げると、次のようになる【編註:詳細は各ブランドショップへお問い合わせください】。

(1)honey salon by foppish/フラワーガーデンショルダーⅡ
  爽太とバレンタインの約束をした時に持っていたバッグ

(2)MISCH MASCH/FOXファーAラインコート
  爽太のお店に忘れたフリをした傘を、薫子に渡されたシーンで着ていたコート

(3)LagunaMoon/ラメシャギーニットプルオーバー
  紗絵子が結婚パーティーのウエディングケーキをお願いするときのシーンに着ていたトップス