NEW

日本の株式市場、急落で危うい?アベノミクスに広がる失望、NISAを煽るメディアの罪

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社/4月12日号)は『暴走!日本株 ボロ儲けしたのは誰だ』という特集を組んでいる。「昨年、世界最大の上昇を成し遂げた日本株だが、ここ最近どうも様子がおかしい。株価の振幅は新興国よりもはるかに激しく、世界最悪の乱高下を記録する日も珍しくない。しかも株価は国内要因には反応せず、海外要因にばかり振り回される。その裏でボロもうけしているのは外国人投資家ばかり。暴走する日本株の深層に迫った」という内容だ。

 一方、「週刊東洋経済」(東洋経済新報社/4月12日号)は『厳選!! 今買える株 買えない株』という特集を組んでいる。「乱高下が続く日本株だが、『下げ相場』に強い株は確かに存在する。NISAをきっかけに投資を始めた初心者でも安心して買える株はどれか。独自データを駆使し初心者向けの株を厳選した。中上級者向けに『割安株』『リバウンド狙い株』も発掘。初心者NGの株も収録」という内容だ。

 実は、ダイヤモンドも東洋経済も、この4月から編集長が代わったばかり(東洋経済は女性編集長だ)。その違いがどのように現れるかと思いきや、テーマが似通ってしまったのは皮肉な話だ。確かに、今年から始まった少額投資非課税制度(NISA)により、個人マネーの市場への流入が続いている。

 NISAは年100万円までの投資について、株式や投資信託から得られる譲渡益や配当が5年間非課税になる制度。利用には専用の口座をつくる必要があるため、開始後3カ月で600万強の口座が開設され、(主な証券会社だけで)NISA口座を介した株式や投資信託の購入額は5000億円規模に上っているという(4月8日付日本経済新聞記事『NISA 5000億円流入 開始3カ月、女性が4割』)。

 女性の利用も全体の4割を占めている(通常の株式などでは、女性投資家の割合は2~3割だ)。NISA投資家の関心の中心は配当金。「好んで買う銘柄を尋ねたところ、株式では武田薬品工業やみずほフィナンシャルグループといった相対的に配当金の多い銘柄が上位に並んだ。年間の配当額を株価で割った配当利回りをみると総じて3~4%台と高めだ」「投信でも、分配金が比較的多い不動産投資信託(REIT)の人気が高い」(同記事)

●日本の株式市場は、外国人投資家が事実上支配

 新年度相場はますますNISAが注目かと思いきや、日本の株式市場の現状は極めて危うい。

 アベノミクスで上り詰めた2013年末、日経平均株価は1万6291.31円(年初来高値更新)で終えた。しかし、年が明けると1万6164.01円(1月6日)から乱高下を繰り返し、4月7日終値で1万4724.42円と、いわば“急落”しているのだ。

「年初に市場関係者の多くが口にしていた『4月末までに1万8000円』実現は極めて厳しくなった」(東洋経済)