NEW

コンセプト型シェアハウス、なぜ急増?多様な生活様式の充実を実現 鉄道、ダイエット…

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 停滞気味の賃貸不動産業界において、シェアハウスビジネスが活況だ。

 シェアハウス業界は2007年ごろと比較して市場規模は約5倍、10年ごろと比較しても物件数や戸数が倍増しているともいわれているが、特に東京はその傾向が顕著。現在、都内だけでおよそ2000軒以上のシェアハウスがあり、実に全国の7割以上を占めているという。それに伴い、当然シェアハウスを運営する企業も急増。日本における黎明期だった00年前後から比較すると、参入企業数は実に20倍以上になっているというデータもあるほどだ。

 そもそもシェアハウスとは、キッチン、リビング、バスルームなどを共有スペースとし、各人には小さめの個室があてがわれるというスタイルがスタンダード。そのエリアの相場に比べて賃料が割安で、敷金、礼金、保証人なども必要ない物件が大半のため、節約志向の高い20~30代の未婚男女に人気を博してきた。

 しかし昨今は、その価値観に変化が出てきているという。ただ経済面のメリットを考えてシェアハウス生活を選ぶのではなく、他者との共同生活というライフスタイルに憧れて入居を決める者が増えてきているというのだ。

 運営側も、立地や設備、サービスにこだわり、魅力的なシェアハウスライフを演出することで稼働率向上を狙うようになってきている。そういった物件は、同エリアの通常の賃貸物件の相場とそれほど賃料が変わらなくとも、オープンと同時に全室が埋まり、常に空室待ちの予約でいっぱいという状況も珍しくないのである。

 12年10月からフジテレビ系列で放映されている、若い男女6名がルームシェアして共同生活を送る様子に迫る恋愛ドキュメンタリー番組『テラスハウス』の人気が、その現象に拍車を掛けているともいわれているが、現在はリーズナブルな賃料を求める人だけでなく、充実した共同生活を求める人が増えているということだろう。

●ニッチな市場を狙い、訴求効果を高める

 そして、そんな業界のトレンドの最先端にあるのが、コンセプト型シェアハウスだ。

 コンセプト型とは、入居者のライフスタイルの充実度をより追求するため、あえて物件にニッチなテーマを定め、訴求効果を高めるというビジネスモデルのシェアハウスである。

 シェアハウス業界に精通した安田不動産 営業企画部の笠井信行氏はこう語る。

「企業がコンセプト型のシェアハウスを提案する一番の理由は、プラスアルファの特色やサービスを設けることで他のシェアハウスと差別化が図れるからでしょう。もちろんシェアハウスに入居したいと思っている方々の意識の変化があってのことなのですが、単純に“部屋を借りる”という感覚ではなく、“楽しめるライフスタイルを作る“という感覚が強くなってきているため、需要も増してきているのだと思います」