NEW
高井尚之が読み解く“人気商品”の舞台裏(2月12日)

「命の缶詰」工場、震災直撃から奇跡の復活 驚異の行動力と多角化、何千人の支援…

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「木の屋石巻水産 HP」より

「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画や著作も多数あるジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、経営側だけでなく、商品の製作現場レベルの視点を織り交ぜて人気商品の裏側を解説する。

石巻港からクルマで40分の高台にある宮城県美里町に新設した缶詰工場で、2013年3月から生産を始めました。まだ、東日本大震災前に比べて6割程度の売り上げですし、工場再建費用も重なり、経営は大変です。でも震災後は、若い従業員が増えました。それまで働き口を求めて高校卒業後は都会に出ていた若者が、地元に残ってくれるようになりました」

 本社のある石巻市から出張された際、東京都内で話を聞いた木の屋石巻水産・木村長努社長はこう話して笑った。もちろん会心の笑顔ではないが、12年2月に、津波で破壊された石巻市内の本社跡を案内してもらった時の、無念そうな苦笑いとは違っていた。

 木の屋石巻水産は1957年創業の食品加工メーカーだ。父の實氏が創業した会社を、息子たちが後を継ぎ、順調に業績を伸ばした。東日本大震災前年の水揚げ高が全国3位だった石巻港など、地元で水揚げされた海産物を取り扱い、水産加工品として販売してきた。震災前の売上高は約17億5000万円で、昨期はその6割の約11億円となっている。

 特に鯨の大和煮や、地元ブランドの金華さば、さんま、いわしなど、水揚げされたばかりの新鮮な魚介類を「フレッシュパック」と呼ばれる製法で缶詰にした商品の人気が高い。

 同社工場のシンボルだった巨大な鯨缶のタンク(魚油を貯蔵)が、数百メートルも流され道路に横たわる姿は震災後の津波の象徴シーンとなった――と紹介すれば、思い当たる人もいるだろう。その後、タンクは「被災者の中には『タンクを見ると津波を思い出してつらい』という声もあり、当社の費用負担で撤去して解体しました」(木村氏)という。

●「命の缶詰」から「希望の缶詰」へ


 そんな同社の魚介類の缶詰は、震災直後にさまざまな役割を担った。時計の針を4年前に戻して、その経緯を紹介しよう。

 11年3月11日。午後2時46分の本震発生後、数十分で到達した大津波により、石巻市では約6万台の自動車が海に引き込まれ、多くの尊い命が犠牲となった。市内は孤立し、その後数日間、被災者は各地の建物で雨露や寒さ、空腹をしのいだ。小学校校舎の屋上に書かれた「SOS」の文字がニュースで繰り返し報道されたが、それも同市だった。