NEW
山田修「間違いだらけのビジネス戦略」

「心が折れた」あのプロ経営者、なぜ突然退任?新社長欠席の異例会見、エールを送りたい!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LIXIL WINGビル(「Wikipedia」より/Rs1421)
 2015年12月21日に発表されたLIXILグループの藤森義明社長兼CEO(最高経営責任者、64歳)の退陣は唐突で異例なものだった。藤森氏が16年6月下旬の株主総会で代表権のない相談役に退き、後任には事業者向け工具通販大手MonotaRO(モノタロウ)を立ち上げ株式上場させた瀬戸欣哉氏(55歳)が就くという。


 その発表は藤森氏のみの出席で行われ、通常同席して紹介されるべき瀬戸氏は英ロンドン在住ということで姿を見せなかった。連結売上高1兆7000億円近い企業グループの新社長が、その就任発表の場に姿を見せないというのは極めて異例。そんな「経営者交代発表」など聞いたことがない。今年1月1日から瀬戸氏は暫定COO(最高執行責任者)として着任したとされるが、交代会見に顔見せしなかったことは、上場大企業の経営責任者として説明責任に欠けるという指摘をしておかなければならない。

 しかし実情は、そんな批判は百も承知で社長交代の発表会見に瀬戸氏の出席が間に合わなかったほど、今回の人事が急転直下だったということなのだろう。

創業家が影響力を行使


『間違いだらけのビジネス戦略』(クロスメディア・パブリッシング/山田修)
 LIXILグループの取締役会では、藤森氏ではなく潮田洋一郎氏が議長となっている。今回の社長人事も指名委員会委員を兼ねる潮田氏の主導によってなされた。潮田氏はLIXILの前身のひとつ、トステムの創業家。シンガポールに居住しLIXILの経営に対しては非常勤だが、藤森氏とは週に1回はコンタクトを取っていたという。というより、影響力を行使していたのだろう。

 LIXILグループの株主としては、潮田氏は野村信託銀行を通じて3.03%の株式を保有する。この持分で企業オーナーとして経営に影響力を持てるのか疑問に思われるかもしれないが、実は日本の多くの上場企業では珍しいことではない。潮田氏の野村信託を通じての持分は主要株主として第2位だし、第1位は3.33%の別の信託銀行で、こちらのほうは特定の個人や法人の信託ではない一般的な投資としての株式所有とみえる。創業家という立ち位置と実質的な筆頭株主の立場に加え、取締役会議長というポストを握ることにより潮田氏は実質的なオーナーとして振る舞っているのだ。

 社長交代発表会見の翌日、潮田氏は次のように語ったと報じられている。

「2年前から指名委員会で5~6人の候補者と面談を重ねてきた。65歳の執行役員の定年、瀬戸氏の状況などを考えて今が一番のタイミングと判断した。決断したなら早いほうがいいと、(事業会社LIXIL社長兼CEOとしての)1月の瀬戸氏の招請を決めたのは藤森氏だ」(15年12月23日付日本経済新聞より)