NEW

ツタヤ図書館、市の基本計画に盗用疑惑浮上…市長、突然のツタヤ委託宣言の不可解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「第二次多賀城市立図書館基本計画」

「市の公文書で、コピー&ペーストを疑われるような文章を掲載していること自体が法律以前の問題で、常識的にアウトですね」

 ある自治体関係者が、そう感想を漏らす。視線の先にあるのは、「第二次多賀城市立図書館基本計画」と題された、れっきとした公文書である。

 次々に問題が湧き上がる“ツタヤ図書館”の不祥事体質をご存じの人は、「またか」と思われるかもしれない。2月15日付当サイト記事『ツタヤ図書館、市から「天下り入社」疑惑の新館長を直撃!「市長から声かけられた」』でも取り上げた宮城県多賀城市立図書館をめぐり、続けて新たな疑惑が持ち上がってきた。

 それは、同図書館がツタヤ図書館となるスタートラインともいえる文書に、ある本からの盗用が疑われるような酷似箇所が多数見つかったのだ。

 どこの自治体でも数年に一度、公共図書館の基本的な方向性や在り方についての基本計画をまとめて発表するのが通例だ。それが「図書館基本計画」である。

 多賀城市では、教育委員会が2013年11月22日付で「第二次多賀城市立図書館基本計画」を発表し、翌年度から5年間にわたる計画を示した。

 見過ごせないのは、その数カ月前、まだ議会で議論すらしていない段階で、菊地健次郎市長が駅前に移転する新図書館の運営を、ツタヤを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)に委ねる方針を記者会見の場で発表していたことだ。

 今回問題になっている「基本計画」は、図書館を民間企業に任せるか否かの議論を始める起点となった重要な位置付けの公文書だ。その中から、盗用を疑われる箇所がボロボロと出てきた。

まるでコピーのような文章

 まずは中身を比較してみてみよう。

「基本計画」5ページ『ITに精通する世代と、公共図書館との間に存在するギャップ』にある、以下の本文だ。

<ITに精通する世代は、モバイルPCを使って、カフェやオフィスあるいは車で、「e メールを送る」、「電話をする」、「新聞を読む」、「写真を撮る」、「SNSでヴァーチャル・コミュニティに参加する」、「ブログで自分の考えを発信する」、「仕事をする」等、これらを同時に行うといったことを当たり前に行っています>

 図書館利用が低調な理由のひとつとして、若者の情報行動を端的に表現した文章だ。一読した限りでは特におかしさは感じないが、次の文章と比較するとどうだろうか。