NEW

アイデアが浮かばない時は朝の時間を有効活用せよ! 心理学を活用したお悩み解決法

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『悩み0』著:神岡真司/ワニブックス

 仕事や恋愛、人生。人は悩みをかかえているもの。そんなときにあなたはどのように解決しようとしているだろうか。歌を歌う、人に話す、悩みが解決するのを待つ……。いろいろあるが、有効な手段として心理学を知って、対処するというものがある。

 『悩み0』(ワニブックス刊)は、ビジネス心理研究家の神岡真司氏が、あらゆる「悩み」が0になり、人生が思い通りに変わるテクニックを紹介。個別の悩みに答える形で悩みを実践的に解決していく一冊である。

 では、どんな心理学による解決方法があるのだろうか?

1)イラッとしたときつい顔に出てしまう人は無理に笑顔を作ろう

 つい、イラッとしてしまったときに、顔に出てしまい場の雰囲気が悪くなってしまうことがある。これではうまく人間関係を作ることはできないし、仕事ならチームの結束にも影響する。

 こういう場合は、古典的心理学理論として有名な「ジェームズ=ランゲ説」(情動の末梢起源説)を取り入れるのがよいという。これは「悲しいから泣くのではない。泣くから悲しい」「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しい」といった喜怒哀楽についての言葉でよく知られている。

 心の状態は、顔の表情から変えることができるということだ。怒った表情をしていれば、だんだん不快な気分になる。反対に、笑顔には人の闘争本能を萎えさせる強力な効果がある。微笑みながら穏やかな表情で、人の話を聞くように常に心がける。意識して行ううちに習慣となり、イラッときても、にこやかな表情でいられるようになるのだ。

2)アイデアが浮かばないという悩みには朝の時間を有効活用せよ

 続いては、仕事でアイデアが思い浮かばないときに、いいアイデアを出す方法。アイデアが出ないと悩む人に共通しているのが、「新規性」「意外性」「現実性」がないといけないといった先入観が強すぎることが挙げられると著者は述べる。

 そんな条件を頭に浮かべたままだと、次々思い浮かぶアイデアを「これは意外性に欠ける」などと、すべて切り捨てなくてはいけなくなる。

 アイデアは持っている情報の組み合わせ以外の何ものでもない。だから、脳が1日のうちで一番冴えわたる目覚めの2時間以内に、忘れないように大量にメモに書き出すとよいという。頭で考えるだけでは次々忘れてしまうので、具体的に書き出して視覚化することが重要。ボツネタのつもりでどんどん書きだすことから「ひらめき」は生まれるのだ。

 悩みがなかか解決しない。そんな人は、心理学の視点から考えてみてはどうだろう。心理学のテクニックから解決の方法が見つかるかもしれない。

(新刊JP編集部)

関連記事

他人に人生をゆだねるな! 悩みから解放されるためのたった一つの方法
成長につながる「悩み方」とは
視点を切り替えると悩みが消える?
人間関係の悩みを取り除く方法

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。