NEW
新見正則「医療の極論、常識、非常識」

中国人も日本人と同じく救急車無料&低額で最先端医療を受けられる、日本の皆保険制度

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
救急車(「Wikipedia」より/下野孝太郎)
 今回は、中国人観光客の話で盛り上がっています。中国人といっても直接に確かめたわけでもなく、なんとなく中国人だと思われる服装で中国語だと思われる言語を話している観光客という意味です。


“非常識君”は次のように言います。

「中国人観光客は横に並んで歩くし、大声で喋りまくるし、列は守らないし極めて不愉快。だから彼らがいるレストランやショップには絶対に入らないし、また電車などでは彼らから離れるようにしている。いっそ中国人観光客などは日本に来てくれないほうが心の平穏には最良だ」

 一方、“極論君”は次のように主張しています。

「彼らの振る舞いは、しばしば傍若無人だが、日本に遊びに来てくれる観光客だから、大目に見てあげよう。数十年前に日本人観光客も欧米では同じように見られていたのだから。そして、彼らはたくさんお金を日本で遣ってくれるので、困っている中国人観光客がいれば、むしろ積極的に案内を買って出るのだ」

 極論君もたまには良いこと言いますね。多額のお金を日本に落として、そして帰国してもらいたいですね。一部では好景気と言われていますが、まだ末端の人々にはそんな実感はないので、せめて観光関連の業種が中国人観光客で潤うことは日本にとっては素晴らしいことです。

 また、“常識君”は医療の立場からこうコメントします。

「非常識君は中国人観光客に排斥的、一方で極論君は中国人観光客に極めて好意的ですね。医療は、中国人に限らず外国人には極めて好意的なのです。救急車は日本人も無料ですが、当然外国人も無料ですよ」

 確かに、ある人が救急車を有料化すべきという発言をして、そしてその書き込みが炎上したことがあります。「有料化したら貧乏人はどうなるのだ。貧乏人が救急車を安心して呼べるシステムが崩壊する」といった論調が巻き上がりました。

 これを受け、別の人が次のようにコメントしたら、少し炎上が弱まりました。

「現状では、外国人が救急車を利用しても無料です。救急車を有料化すれば、外国人の要請には彼らの旅行保険に請求できるのですが、今はできません。一度料金を支払って、日本で税金を支払っている人にはその費用が還元されるシステムにすれば、外国人からの取りっぱぐれはなくなりますよ」