NEW
「だから直接聞いてみた forビジネス」

東京の駐車場が足りなすぎる!不正駐車多数で空きなく路駐→罰金、新宿区の投げやり回答

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 この連載企画『だから直接聞いてみた for ビジネス』では、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問(?)を、当事者である企業さんに直撃取材して解決します。今回は林賢一氏が、バイクの駐車場に関する謎に迫ります。

【ご回答いただいた窓口】
東京都新宿区立新宿駅新南口路上自転車等駐輪場

 バイクで走るのが気持ち良い季節になってきた。

 天気の良い日にぶらっと、オープンカーに乗って行き先も決めずにドライブする――、そんなことができたら最高なのだろうが、私は250ccのスクーターでも充分満足である。地方に行けば駐車場には停め放題で、そのまま都心には戻りたくないくらいだ。だが、そうはいかない現実がある。

 都心でバイク移動すると、駐車場に困る。自動車であれば駐車場はすぐに見つかるが、バイク専用の駐車場となると数が少ないのが実情だ。そのわりに路上駐車の取り締まりは自動車と同じくらい厳しいので余計に困る。

 たとえば、東京・新宿駅前にはバイク専用駐車場があるが、いつも混んでいる。しかも、この駐車場はタイヤにチェーンを通して駐車するという利用方法なのだが、チェーンを通さずにそのまま駐車している不正駐車がかなり多い。

 その結果、バイクで新宿に来たものの停めるところが見つからず、仕方なく路上駐車した挙げ句に罰金を取られるという負のスパイラルに巻き込まれることになる。

 駐車場ではチェーンをタイヤに通して機械に差し込まない限り料金が発生しないため、そのような不正駐車をしている人物は気ままに長時間停めていることが多い。つまり、不正利用によってほかの利用者にも多大な迷惑をかけているのだ。

不正利用への抜本的な対策はなし?

 そこで、不正利用への対策について、新宿区立新宿駅新南口路上自転車等駐輪場に直接聞いてみた。

「チェーンをかけないで駐車しているバイクを時々見かけますが、なんらかのチェックはしているのでしょうか」

担当者 不正利用があることは承知しており、我々も巡回をしてチェックしているのですが、なくすことはできていません。

--チェーンをタイヤに通して、その先端を機械に差すと、そこから時間を計測して料金が発生しているわけですよね。

担当者 そうです。