NEW
金子智朗「会計士による会計的でないビジネス教室」

隠蔽で死者続出…三菱自、不正を不正と思わぬ企業文化、15年前に1度死んでも治らず

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
三菱自動車のロゴ(「Wikipedia」より/Fry1989)
 三菱自動車工業の燃費データ不正が大きな問題となっている。発覚したのは当初、軽自動車4車種だったが、その後の調べでスポーツ用多目的車(SUV)のRVRでも不正が発覚した。さらに、この原稿を書いている最中にも、プラグラインハイブリッド車(PHV)のアウトランダーPHEVでも、必要なデータを測定せず机上で計算していた疑いがあるというニュースが入ってきた。一体どこまでやらかしていたのか、予断を許さない状況だ。


 三菱自といえば、かつて悪質なリコール隠しで刑事告訴までされた会社だ。不正を不正とも思わぬその姿勢は、会社に染み付いた企業文化といわざるを得ない。

あまりにブラックな三菱自動車のカルチャー


 三菱自がいかなる会社なのか、ここで簡単に振り返っておこう。

 同社は、かつてはトヨタ自動車、日産自動車、ホンダを追い上げる国内第4位の自動車メーカだった。ところが2000年にリコールにつながるクレーム情報を社内で隠蔽していたことが内部告発により発覚。隠蔽は1977年から23年間にわたり、対象は10車種以上、約69万台にのぼる。

 リコール隠しの発覚で同社の信頼は地に落ち、販売台数は激減。当時資本提携関係にあったダイムラー・クライスラーから最高経営責任者(CEO)を迎え入れて経営再建を図るが、2002年1月に神奈川県横浜市で、走行中の同社の大型トラックから外れた直径約1メートルの前輪が歩行中の母子を直撃し、母親が死亡する事故が発生。さらに同年10月には、山口県の高速道路を走行中の同社トラックからプロペラシャフトの一部が脱落し、制御不能となったトラックが道路脇の構造物に激突。トラック運転手が死亡する事故が起きる。

 筆頭株主であったダイムラー・クライスラーもさすがに愛想が尽きたのか、04年に財政支援の打ち切りを発表。同社から迎え入れたCEOも任期を待たずして辞任した。05年には、リコールにより対策を実施したはずの車種で火災事故が複数件発生している。

 三菱自とはこのような会社なのである。このような会社が今度は燃費データの不正というわけだ。不正が発覚したアウトランダーPHEVは、リコール隠しで失墜した三菱自ブランドの復活を賭ける主力車と位置付けられていたというから呆れるばかりだ。

企業文化は死んでも治らない?


 三菱自に限らず、企業文化というのは良くも悪くもなかなか変わらないものだ。