NEW
村上純一「医療の裏を読む」

制汗剤は危険!がんやさらに強い悪臭発生のおそれ 含有の銀イオンに強い毒性も

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 ワキ汗を気にする人が男女問わず増えている。特に夏になると、汗が多く出るうえに薄着となるため、洋服の汗染みが目立ちやすい。そのため、服のワキの下部分に貼るパッドや、制汗剤が売り上げを伸ばしている。

 ワキの下は汗腺の数が多いうえに熱がこもりやすいため、体のなかでもっとも多くの汗をかく部位といえる。そのため、ワキの下に制汗剤を塗って汗を抑えようという考えは古くからある。

 そんな制汗剤は、時代と共に志向が変わってきた。1990年代までは清涼感が求められ、塗布することで涼しく感じる製品が主だった。2000年代に入るとニオイ対策を打ち出す製品が増えた。消臭剤や芳香剤、香料入り洗剤などの売り上げが爆発的に伸びた時期と重なる。

 そして近年は汗を抑えつつニオイも予防する製品が求められるようになっている。制汗剤のなかでも、従来からあるパウダースプレータイプよりも、スティックやロールオンといった直塗りタイプが圧倒的に人気だ。

 史上最も暑い夏になるとの予想もある今夏、汗対策は社会人にとって重要な関心事となっているのは間違いない。だが、安易に制汗剤を多用することには危険が伴う。

 すべての制汗剤が危険というわけではないが、制汗剤には危険な物質が含まれていることが多々ある。

 まず、最も多くの製品に使用されているのは塩化アルミニウムだ。これは汗腺を塞ぎ、汗そのものが出てくるのを抑える。その一方で、皮膚の荒れやかゆみといった副作用を引き起こすおそれがある。また、乳がん発症リスクも指摘されている。

 塩化アルミニウム含有の制汗剤を体に塗ったからといってすぐにがんの危険が生じるわけではないが、皮膚に炎症や傷があるときに、その付近に制汗剤を塗布することで体内に塩化アルミニウムが入り、悪影響を及ぼす可能性が高まる。女性の場合、ワキのムダ毛処理をした後などに制汗剤を使うのは危険だ。

銀イオン配合の制汗剤も危険?

 また、最近は銀イオンを含む制汗剤が増えている。銀は長い人類の歴史上食器等に利用され、食品添加物にも利用されることがあるため、人体に悪影響はないという説があるが、実は銀と違って銀イオンは強い毒性が指摘されている。

 銀は化学的に極めて安定しており、イオン化しにくい。だからこそ、安全だといわれてきたのだ。しかし、6月1日付朝日新聞記事『金属アレルギー、ナノ粒子で発症か 阪大グループ確認』によると、銀イオンが金属アレルギーを引き起こすとみられるという。一方で、銀イオンは極めて強い殺菌、抗菌効果が認められることから、今や数多くの製品に配合されている。