NEW

超便利なWikipediaの秘密…誤情報や捏造も横行で信憑性は?無料でどうやって運営?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Wikipedia」より

 インターネット上で調べものをする際、無料で利用できるオンライン百科事典「ウィキペディア」(以下、ウィキ)を使うという方も多いだろう。

 しかし、そんな便利な百科事典はどのような仕組みで成り立っており、どのように運営されているのだろうか。今回はそんなウィキについての疑問を解消していきたい。

 そもそもウィキは、ウィキメディア財団が運営しているサイト。2001年1月、ラリー・サンガーとジミー・ウェールズによりプロジェクトが開始されて以来、広告を一切掲載せず、個人や団体などからの寄付により運営している。

 16年2月11日現在、使用言語は291言語、全世界の総記事数は3864万5599記事、日本語版の総記事数は101万4463記事となっており、その膨大な情報量は類似のオンライン百科事典を凌駕している。

 全世界に5億人以上のユーザーがいるといわれているが、誰もが無料で自由に閲覧できるだけでなく、編集行為にも本名を明かすことなく自由に参加できるのが最大の特徴。つまり「集合知」から成り立つ事典であるがゆえに、記された情報の正確性を保証しているものではない、というのが前提となっている。

 実際、筆者が試しにある記事の編集を行ったところ、初めての編集作業ではあったが、ものの数分で情報を追記することができた。この簡単さ、自由さがウィキのメリットであり、同時に情報の信憑性を揺るがすデメリットにもなり得るということだろう。

呼び掛けをするごとに十数億円の寄付


 そして前述したように、運営は寄付により成り立っている。

 ウィキのヘビーユーザーであれば、「今週は皆様にお知らせがあります。ウィキぺディアの援助をお願いいたします。 私たちは独立性を守るため、一切の広告を掲載致しません。平均で約1,500円の寄付をいただき、運営しております。援助をして下さる読者はほんの少数です。今日、読者の皆様が700円ご援助下されば、寄付の募集は一時間で終了することができます。(以下略)」といったような寄付を募る文面を定期的に目にしていることだろう。

 実際の寄付者は利用者のうちのほんの一部だというが、たとえば11年1月1日には、50日間で140カ国から約50万件の寄付が集まり、目標としていた1600万ドルの資金調達に成功したことを発表している。こうして集めた寄付金はインフラ経費、人件費、プログラムサポートなどに充てられるという。