NEW

「猫と同じ墓に入りたい」というケースも…“ねこでら”副住職が語る、いま飼い主に求められる覚悟

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『ねこでら 猫がご縁をつなぐ寺』著:御誕生寺/秀和システム

 国内のペット関連市場は、いまや1兆円を超えるまでに成長。「ペットを飼いたい」と思う人は増え続けています。

 一方で、ある統計(※)によれば、日本では年間で約15万頭もの犬や猫が保健所に持ち込まれ、そのうち10万頭が殺処分されているそうです。

 「かわいい」「癒される」など、ポジティブなイメージだけを持ってペットを飼い始めたものの、実際には面倒なことも多くて嫌になり軽い気持ちで捨ててしまう人も少なくないようです。

 「ねこでら」の副住職として、日々、猫に向き合ってきた猪苗代昭順(いなわしろしょうじゅん)さんは、人と猫との関係について、どのようなことを思っているのかを中心にお話をうかがいました。

――ところで副住職は元々、猫がお好きだったのですか。

猪苗代: いえ、実は犬派です(笑)。このお寺に入るまで、猫と一緒に暮らしたことは一度もありませんでした。でもこの3年間、猫の活動に携わるなかで、いろいろなことを勉強させてもらいましたね。

――たとえば、どんなことですか。

猪苗代: 時代の流れとして、人間にとって猫や犬が文字どおり「パートナー」になってきているということを、ひしひしと感じるようになりました。

 以前は、シャム猫がいいとか、何々猫がいいとか、ファッションのような感覚で猫を飼う人も多かったと思うのです。でもここ数年、明らかに潮目が変わり始めているといいますか、動物と一緒に暮らしている人も、一緒に暮らしていない人も、人と猫という意識の枠が薄くなってきていて、命と命が向かい合うということがどういうことであり、どう対応しなければならないかと考え、実行する人が増えているように感じます。

 実際、4年前に動物愛護管理法が改正され、「終生飼養の徹底」が前面に打ち出されるようになりました。つまり、ペットの飼い主は最後まで責任を持って飼うことが求められるようになったのです。

 その流れのなかで、ペットの虐待や遺棄に対し、従来よりも重い刑罰が課せられるようになった。つまりこれからは、軽い気持ちで猫や犬を捨てたことで、ひょっとしたら職を失う可能性すらあるのです。それだけ時代が変化し、人の意識も変わってきているということだと思います。

――いま、「猫と家族の一員として付き合う」というお話をうかがいながら、自分の実家の近所の人のことを思い出しました。その人は、飼っている猫が亡くなったとき、人間と同様、かなり手のかかったお葬式をなさったんです。そのような葬式を目の当たりにしたのは初めてだったので、とても印象に残っていまして。

猪苗代: そのようなお葬式は、今後当たり前になっていくと思います。たとえば、田舎のほうへ行くと「猫と同じ墓に入りたい」という人が多い。実際にはお墓の管理規約上できないケースのほうが多いのですが、このあたりはお寺も変わっていかなければならないでしょう。