NEW

小池百合子東京都知事と公明党の「蜜月」…自民党都議連、弱体化で崩壊の危機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小池百合子東京都知事(ロイター/アフロ)

「日本維新の会のような政党をイメージしていたら見誤る。彼女が目指している政党、モデルとなる政党は、公明党だろう」

 自民党古参秘書がこう語るのは、今夏“百合子旋風”を巻き起こした小池百合子東京都知事の新党構想に対してのものだ。2020年の東京五輪会場問題に築地市場の豊洲移転問題と、当選直後から小池都知事は休む間もなく忙しい。ワイドショー的に見れば、これらの問題がどう展開していくのかが注目の的ということだろうが、永田町的にはやや見方が違う。

「支持基盤のない小池知事は、都議会を味方につけるため、新党をつくる準備として政治塾『希望の塾』を立ち上げた。来年は都議選のある年で、それに間に合わせるかたちで新党ができれば、大量当選が見込めます。橋下徹氏が大阪府知事時代に結成した地域政党『大阪維新の会』のような政党ができれば、自民党都議は壊滅的なダメージを受けるかもしれません」(永田町関係者)

 希望の塾の入塾者は約3000人。立ち上がりは大盛況で、今後の展望としては橋下氏や河村たかし名古屋市長との連携がどうなるのかに注目が集まっている。しかし、前出の古参秘書が語る「維新とはまったくの別物」とはどういう意味か。

「維新は地域政党を謳いながら、すぐに国政政党を目指した。都構想を掲げた以上、国政進出しか手立てがなかったからだ。しかし、小池都政においては急いで国政を目指す必要性はない。かつて、都議会でじっくり力を蓄えていった公明党のやり方を選んだといえるでしょう。加えて、公明党と協力関係を築こうという点も見逃せない」(同秘書)

特別秘書の存在


 公明党との協力関係は、小池都政スタート直後から囁かれていた。その顕著な例が小池知事の特別秘書の存在だ。都政担当記者は語る。

「特別秘書は2人いて、ひとりは元都議の野田数氏。もともと小池氏の秘書をしていて、自民党から出馬したものの、その後離党しました。かなり右寄りの発言で物議を醸した人物です」

 都議会内でも、小池知事が野田氏を特別秘書に起用したことに疑問を感じる者も少なくないという。しかし、野田氏は公明党人脈を持っており、議会対策でも手腕を発揮するのではないかとみられている。

「もうひとりが元読売新聞記者の宮地美陽子氏。といっても、甲府支局勤務後、東京本社編成部を経て退社した方です。父親は元テレビ朝日の政経部(現・政治部)記者で、夫は産経新聞記者。どちらも小池知事とは旧知の仲なので、当初は縁故採用のようなかたちとの見方がもっぱらでした」(同)