NEW

あの吉田カバンが「究極のバッグ」発売…もはやスーツにリュック姿が主流、「肩掛け」の終わり?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田カバンの新商品展示会風景

 世代を超えてビジネスパーソンに人気の吉田カバン(株式会社吉田)が、11月11日までの4日間、東京都内の本社ビルで2017年春夏シーズン向けの「新商品展示会」を開催した。同展示会は関係者向けで、新商品が一般向けに発売されるのは2017年3月頃の予定だ。

 最終日に訪れた筆者は、会場で同社経営陣と意見交換をした。そのなかで興味深い内容があったので、今回はそれらを紹介しながら、消費者意識の変化を考えてみたい。

スーツ姿でリュックを背負う会社員が増えた


『なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか?』(高井尚之/プレジデント社)
 最近、首都圏の駅や電車を利用して感じるのが、スーツ姿でリュックサックを背負って通勤する会社員が増えたことだ。これまでも一定層いたが、肌感覚では目立って増えたように感じる。

「スーツに合わせるリュックサックも四角いタイプが増えました。書類が曲がらずにきちんと入るという長所が大きいと思いますし、カジュアルさが薄まるのも人気の理由だと思います。いわゆる横型の3WAYタイプからの変化といえるかもしれません」(吉田・取締役企画本部長、桑畑晃氏)

「3WAYタイプ」とは、「手で持つ/肩にかける/背負う」といった3種類の用途ができるカバンで、「肩にかける/手で持つ」ことができるタイプは「2WAY」と呼ぶ。荷物の量やその日の気分でカバンの持ち方を変えたい人もいるからだ。

「最近の傾向で興味深いのは、3WAYタイプを購入するお客でも、カバンの購入時にショルダーストラップがついているかどうかを意識しない人が多くなったことだ。つまり、『手で持つ/リュックにする』の2つの用途があればショルダー部分はいらないと考える人も増えているようです」(同)

 ショルダーストラップをいらないと思う理由は人によるだろうが、片方の肩だけに負担がかかるのを好まない人も多いようだ。

 ビジネスパーソンの通勤バッグも、かつては革製が多かったが、近年は布カバンが主流だ。戦前から革のカバンをつくってきた吉田カバンは、新たな切り口の革製も提案しており、展示会では同社の看板ブランド「ポーター」から、「ポーター ディライト」というシリーズを発表した。同商品はシュリンクレザーと呼ばれる革とナイロンテープの組み合わせでカジュアル感を打ち出している。後述する「時代性」を見据えた提案かもしれない。

『なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか?』


読めば読むほどコメダ珈琲店に行きたくなる
40の「コメダス」

amazon_associate_logo.jpg

あの吉田カバンが「究極のバッグ」発売…もはやスーツにリュック姿が主流、「肩掛け」の終わり?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、キャリーバッグポーター吉田カバンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!