NEW

あの超人気レストランに酷評噴出…バカ高いのに油まみれでおいしくない、接客態度悪い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「雑誌や口コミでも評判がよく、特別な日に最適という声があったため恋人とのディナーで利用しました。正直なところ、料理もそこそこで、何よりスタッフの質がお店に見合っていないと感じました。まず、メニューに載っている料理がどんなものか聞いても曖昧な答えしか返ってこない。わからないならもっと詳しいスタッフに聞きに行っても別にいいのに、わかるふりをして適当にごまかされている感じがしました。接客もマニュアルチックでスキルが高いとは思えないし、普通レストランではスタッフごとに担当のテーブルがあるはずなのに、呼んでも来ない。恋人の手前あまり強くは言えませんでしたが、有名店を自負しているなら、接客の質をないがしろにしてはいけないと思います」

日本人はレストランに高望みしすぎ?


 料理と接客、どちらの質も有名店とは思えないという声が続出している。だが、口コミサイトやグルメ情報誌を見るとかなり高い評価を得ているのも事実。

 では、どちらの評価が正しいのだろうか。グルメガイドなどの編集に携わるフリーの編集者は次のように分析する。

「Aはあるきっかけで世界的に有名になったお店。日本でも関東を中心に出店し、パンケーキブームの火付け役としてテレビや雑誌で紹介されるなど評判はかなりいいようですね。平日でも朝から行列ができ、休日になると2時間以上待つことは当たり前。ディナーも土日は2週間前に予約が埋まってしまうことがあります。

 ですが、そうした高い評価とは裏腹に、『値段の割にそこまでおいしくない』『有名店だけど接客はファミレスレベル』といった厳しい声が挙がっているのも事実。日本人は行列好きといわれるように、海外発の人気店が出店するとなると何時間並んでも食べたいという人が多い。しかし、その行列の中にはミーハーな知人に連れて来られただけの人もいます。そうした流行から一歩引いている冷静な人が実際にお店で食事をした結果、金額に見合った質が伴っていないと感じてしまうのでしょう」

 有名店に長時間並ぶような人にとっては、“恋は盲目”のごとく、味よりもそこで食べたという経験が何よりも重要なのだろう。しかし、お店のブランドで食いつかない人をファンにするためには、料理の味やサービスの質が問われるということだろう。