NEW

超優良企業・串カツ田中、店舗が自由すぎてカオス…じゃんけん勝ったら無料、たこ焼きパーティーも

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「串かつ田中」渋谷百軒店店
 2016年9月に1号店のオープンから8年足らずで東京証券取引所マザーズに上場を果たした、串カツ専門の居酒屋チェーン「串カツ田中」。1月9日付記事『最近やたらと目にする「串カツ田中」、誕生&急成長の嘘みたいな本当の理由…なぜ駅から遠い?』では、同社取締役管理部長の坂本壽男氏に、その独特な経営戦略や現在に至る道のりについて話を聞いた。


 後編となる今回は、老若男女が楽しめる接客や今後の展望について、さらに坂本氏の話をお伝えする。

居酒屋なのに子供も楽しめるサービス戦略


――串カツ田中には、元気な店員さんが多いイメージもあります。どのような従業員教育をしているんですか?

坂本壽男氏(以下、坂本) 冊子の接客マニュアルもありますが、最近はマニュアルを動画アプリ化して、声の出し方などをよりわかりやすく学べるようにしています。あと、毎年「串カツ田中総会」というのがあり、優秀な店舗の運営方法を共有したり、アルバイトフォーラムを開催してアルバイト主体でより良い店舗づくりへの意見交換をしたりしています。

 さらに、年に1回、社員総出の運動会を開催していて、バルーンサッカーや全方向ドッジボール、全員リレーなどをみんなで真剣にやっています。また、外食では珍しいと思いますが、弊社は店舗の社員も週休2日制で必ず連休がとれるようになっています。

――前編でファミリー客の話がありましたが、居酒屋でありながら、串カツ田中は家族連れが目立つ印象があります。

坂本 うちはファミリー層のお客様がすごく多いんですよ。居酒屋のお客様は会社員が多いイメージがありますが、串カツ田中は住宅街からスタートしているので、店内の照明を明るくし、家族連れでも入りやすい雰囲気づくりを心がけています。お子さまは揚げ物が大好きですし、自分の好きなものを1本ずつ頼めるのが楽しいみたいですね。

 串カツを日本の文化にするには、小さい頃から慣れ親しんでいただくことが大切。そして、大人になって家族ができたら、新しい家族と一緒に戻ってきていただきたい。そのため、お子さま向けのサービスを厚くしています。「じゃんけんドリンク」といって、店員にじゃんけんで勝ったら無料でソフトドリンクが飲めるサービスの実施や、ソフトクリームを自作できる機械の設置などです。また、お子様連れのご家族には、通常6名以上でしか注文できないたこ焼きをつくれるメニューも販売しております。

超優良企業・串カツ田中、店舗が自由すぎてカオス…じゃんけん勝ったら無料、たこ焼きパーティーものページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、サービス串カツ田中居酒屋店員経営の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!